聖地を巡る・考えるセット券~出雲大社・諏訪大社~| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】聖地を巡る・考えるセット券~出雲大社・諏訪大社~

講師名 聖地研究家 内田 一成
講座内容
イメージ
2講座をご受講くださる方のためのややお得なセット券です。
<出雲大社>出雲とは何でしょう。縁結びの神「大国主命」の鎮座地? ヤマトに破れた古い民族の故地? そんな単純な見方だけでは片付けられない複雑な背景が、出雲とそこを根拠地とした出雲族にはあります。出雲大社の構造や他の寺社とのネットワークを糸口にして、
ヤマトや伊勢、中央構造線に沿って残る出雲の痕跡などから、日本の信仰史の底流を流れる出雲の信仰を考察してみたいと思います。
<諏訪大社>諏訪大社も出雲と同様、国譲り神話にゆかりの神社です。しかし、単純に出雲の神である諏訪神が鎮座しているわけではなく、先行するモレヤ神や、原始の信仰を受け継ぐミシャグチ神といった神々が錯綜しています。さらには、生き神である大祝と、それを補佐する神長官守矢氏の主従が実ははっきりしなかったり、御柱祭や御頭祭といった奇祭が伝わるなど、独特の個性を持っています。出雲から引き続き、諏訪の信仰の体系を紐解き、縄文の信仰世界まで、辿っていきます。
日時・期間 土曜 15:30-17:00 12/15~12/15 2回
日程 2018年 12/15
受講料(税込み)
12月~12月(2回)
会員 6,264円
一般 7,560円
教材費
設備維持費
注意事項 教室講義です。
お申込みの前に 必要に応じて資料を配布します。
ご案内 当日は受講券をご持参ください。必要に応じて資料を配布します。
講師紹介 内田 一成 (ウチダ イッセイ)
1961年茨城県生まれ。高校時代より登山を始める。山で体験した土地にまつわる不思議な体験から土地が持つ独特の雰囲気(地霊=ゲニウス・ロキ)に興味を持つ。ライター、プランナーとして雑誌やWEBサイトの企画に携わりながら、ライフワークとして地霊を訪ねる旅を行う。GPSやデジタルマップを使った独自の手法で、神社仏閣や遺跡といった「聖地」の方位を分析し、古代から人々が地霊を意識してきたことを実証。2010年、15年間にわたる調査の記録の一部を『レイラインハンター』としてまとめる。

履歴