ラテンアメリカ音楽紀行| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】ラテンアメリカ音楽紀行 キューバ発、世界を席巻!ハバネラ

講師名 ピアニスト 下山 静香
講座内容
下山静香さん / エッセイ『裸足のピアニスト』
「ハバネラ」といえば、ビゼーの歌劇でカルメンが歌うハバネラを思い浮かべる方も多いでしょう。
ハバネラのリズムは、当時スペインの植民地だったキューバで生まれています。《カルメン》が作曲された19世紀後半から、フランスの音楽界ではスペインの音楽要素を取り入れることがブームになっていきました。キューバからヨーロッパ、ラテンアメリカへ・・・ハバネラのダイナミックな旅を、ピアノ演奏を交えてご紹介します。(講師記)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 04/07~04/07 1回
日程 2018年 4/7
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,564円
一般 4,212円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 下山 静香 (シモヤマ シズカ)
桐朋学園大学卒業。1999年文化庁派遣芸術家在外研修員としてスペインへ。アランフェス、マドリッド、バルセロナほかに招かれリサイタルを開催。「スペインの心を持つピアニスト」と賞される。数々のNHKドキュメンタリー、ドラマ、美術展などでピアノ演奏を担当のほか、NHK「クラシック倶楽部」「ららら♪クラシック」、フランス国営放送などメディア出演多数。これまでにリリースされたCD10枚はいずれも高評を得る。現在、活発な演奏活動を展開するかたわら、執筆・翻訳・講演とこなすユニークな存在として注目を浴びる。最新刊はエッセイ『裸足のピアニスト』。桐朋学園大学、東京大学 各非常勤講師。日本スペインピアノ音楽学会副会長。

履歴