南極の氷がなくなるとペンギンはどうなるのか| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】南極の氷がなくなるとペンギンはどうなるのか

講師名 国立極地研究所准教授 渡辺 佑基
講座内容
南極のペンギンたち(講師撮影)
近年、地球温暖化がすすみ、北極や南極の少なくとも一部では、海氷が減少しつつあります。このような現象は、野生動物たちにどのような影響をもたらすのでしょうか。南極の昭和基地では、昨年、海氷が流出し、ペンギンの集団営巣地が青々とした海に囲まれるという珍しい出来事が起こりました。その時ペンギンたちの身に何が起こっていたのか、最新の研究成果をお話しします。
日時・期間 土曜 15:40-17:40 11/10~11/10 1回
日程 2018年 11/10
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 当日はこの受講券をお持ちください。
講師紹介 渡辺 佑基 (ワタナベ ユウキ)
1978年、岐阜県生まれ。国立極地研究所生物圏研究グループ准教授。東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。農学博士。2007年、東京大学総長賞。2011年、山崎賞。2014年、著書『ペンギンが教えてくれた物理のはなし』(河出書房新社)で毎日出版文化賞。
http://www.geocities.jp/watanabeyuukionline/index.html

履歴