外国人からみた日本| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】外国人からみた日本 開国以来の横浜・湘南

講師名 フェリス女学院大学教授 大西 比呂志
講座内容
19世紀後半の開国・開港以来、日本に様々な外国人がやって来ました。宣教師、ビジネスマン、技術者、学者、ジャーナリスト、旅行者などなどです。一攫千金の山師もいれば王様、皇太子も立ち寄っています。彼らは日本の何をみて驚き興味を持ったでしょう。本講座はそうした外国人がみた横浜や湘南の景色、日本人の生活や文化の様子を、彼らが残した手紙や日記、回想記などを通して紹介します。現代のグローバリゼーションの中で見失いがちな「日本」を、この時代にやって来た外国人の目を通して「再発見」したいと思います。(講師記)

~講座担当からひと言~
さまざまな外国人がやってきた幕末~明治維新のころ。この時代の外国人には日本はどう映っていたのでしょうか?さまざまな文献から読み解きます。
日時・期間 土曜 13:00-14:30 05/13~05/13 1回
日程 2017年 5/13
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 大西 比呂志 (オオニシ ヒロシ)
横浜市港北区在住。早稲田大学政治経済学部、同大学院をへて横浜の市史編纂に従事したのち現職。国際交流史、都市史、横浜学を専門としている。著書に『横浜市政史の研究』有隣堂、『横浜をめぐる七つの物語』フェリス女学院大学、他に『横浜と外国人社会』(共著)日本経済評論社などがある。茅ヶ崎市、横須賀市、綾瀬市、座間市などの県下の多くの自治体にも執筆している。

履歴