中動態の哲学| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】中動態の哲学

講師名 高崎経済大学准教授 國分 功一郎
講座内容
國分功一郎さん(©岩沢蘭) / 講師著書
中動態というのは英文法などで勉強する能動態や受動態の仲間です。いまではあまり耳にすることがありませんが、古代においては言語の中で大きな位置を占めていました。この講座では講師の著書『中動態の世界-意志と責任の考古学』(医学書院、2017年)を導き手としながら、この中動態が私たちの物事の考え方に対してもつ意味を哲学的に考察していきます。
一時間目に中動態そのものについての説明を行い、二時間目にはその応用としてスピノザの哲学を中動態の観点から考察します。(講師記)。
日時・期間 日曜 13:00-17:00 11/12~11/12 1回
日程 2017年 11/12
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 6,048円
一般 7,344円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 途中休憩あり。
当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。高崎経済大学准教授。専門は哲学。著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『来たるべき民主主義』(幻冬舎新書)、『近代政治哲学』(ちくま新書)、『民主主義を直感するために』(晶文社)ほか多数。最新刊は『中動態の世界 意志と責任の考古学』(医学書院)。

履歴