日本国憲法と象徴天皇| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】日本国憲法と象徴天皇

講師名 東京大学名誉教授 御厨 貴
東京大学教授 石川 健治
講座内容
御厨貴さん / 石川健治さん
今上天皇の生前退位実現に向けた動きが進む一方で、象徴天皇制と立憲主義・民主主義との間にあるさまざまな矛盾や困難を指摘する声も挙がっています。歴史的・精神的背景を踏まえつつ、天皇の聖性と基本的人権、統合の象徴と国民主権の在り方など、問題の本質は何なのか、わたしたちはそれらについてどのように考えたらよいのかを論じます。
日時・期間 土曜 15:30-17:30 06/10~06/10 1回
日程 2017年 6/10
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,456円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 御厨 貴 (ミクリヤ タカシ)
1951年東京都生まれ。東京大法学部卒業。東京都立大法学部教授、政策研究大学院大学教授、東大先端科学技術研究センター教授などを歴任。現在、東京大学名誉教授、放送大学客員教授、青山学院大学特任教授。専門は日本政治史。近著に、『安倍政権は本当に強いのか』(PHP新書)、『政治の眼力』(文春新書)、『戦後をつくる』(吉田書店)、『政治家の見極め方』(NHK出版新書)、『後藤田正晴と矢口洪一』(ちくま文庫)、『宮澤喜一と竹下登』(ちくま文庫)などがある。
石川 健治 (イシカワ ケンジ)
1962年生まれ。1985年東京大学法学部卒業、東京大学法学部助手。1988年東京都立大学法学部助教授。1998年東京都立大学法学部教授。2003年東京大学法学部教授。「立憲デモクラシーの会」呼びかけ人の一人。2014年末に編著『学問/政治/憲法-連環と緊張』(岩波書店)を公刊した。

履歴