能「百万」の世界| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】能「百万」の世界

講師名 東京大学教授 松岡 心平
講座内容
松岡心平さん
捨て子の身で僧侶となり、母に会いたさに「ハハミタ(母見た)」と唱える大念仏会を始めたとされる道御(どうぎょ)上人は、「十万上人」の名を持っており、その母が百万であったという伝説も残っている。能「百万」でも、女性芸能者・百万は、奈良の西大寺で生き別れとなった息子に、京都の清凉寺大念仏会で再会を果たす。観阿弥の得意曲であり、世阿弥の手も加わっている「百万」は、古作の能の面白さ満載の曲なので、じっくりと読み込んでみたい。(講師記)
日時・期間 土曜 15:30-17:30 07/22~09/16 3回
日程 2017年 7/22
受講料(税込み)
7月~9月(3回)
会員 9,072円
一般 11,016円
教材費
設備維持費
注意事項 当日はこの受講券をお持ちください。
講師紹介 松岡 心平 (マツオカ シンペイ)
1954年生まれ。東京大学文学部卒業、同大学院人文科学研究科国語国文学専門課程博士課程修了。専門は能・世阿弥を中心とする中世芸能。国文学研究資料館助手、東京大学文学部専任講師、同教養学部助教授を経て、現在東京大学大学院総合文化研究科教授(表象文化論)。能の研究上演団体「橋の会」の運営委員を務めた。一般財団法人「観世文庫」理事。著書に、『宴の身体-バサラから世阿弥へ-』(岩波書店 1991年)、『能-中世からの響き-』(角川書店 1998年)、『中世を創った人びと』(新書館 2001年)、『中世芸能を読む』(岩波書店 2002年)、『世阿弥を語れば』(岩波書店 2003年)など。

履歴