重力波で探る宇宙のはじまり| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】重力波で探る宇宙のはじまり

講師名 東京大学理学系研究科准教授 安東 正樹
講座内容
宇宙重力波望遠鏡B-DECIGO(イメージ図: 佐藤修一) / 安東 正樹さん / 『重力波とはなにか』(講談社ブルーバックス)
宇宙のはじまりや進化の謎を解き明かすことは科学の大きな夢で、これまで主に電磁波を用いた観測が行われてきました。それらに加えて、2015年に重力波が初観測されたことを受けて、強い透過力を持つ重力波の性質を生かした宇宙論的観測にも期待がかけられています。本講座では、宇宙のはじまりと進化についての現在の理解を概観し、重力波観測による新たな可能性について語ります。(講師記)
日時・期間 土曜 15:30-17:30 01/27~01/27 1回
日程 2018年 1/27
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 安東 正樹 (アンドウ マサキ)
1971年生まれ。京都大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、東京大学理学部助手、同助教、京都大学 理学部特定准教授、国立天文台准教授を経て、2013年より東京大学大学院理学系研究科・准教授。重力波望遠鏡の開発や観測・データ解析、および相対論検証実験などを研究している。著書に『重力波とはなにか』(講談社ブルーバックス)などがある。


履歴