1日で描く春の花 <広田稔教室>| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】1日で描く春の花 <広田稔教室>

講師名 白日会常任委員 広田 稔
講座内容
《花の構図》油彩 20P
美しい対象「季節の花」と向き合い、その感動を作品に―。形や色、生花のみずみずしさを鮮やかに描出しましょう。
 花器とのバランスを考えた構図の決め方、バックとの効果的な関係などを、わかりやすい解説と実践的な指導で学んでいただきます。
 描画材料は透明水彩、ガッシュ、油彩など自由です。それぞれの画材を効果的に使いこなせるよう、特徴や技法についても説明し、一人ひとりに合わせてアドバイスします。画材の持つ魅力を引き出しながら、花の静物画を1日で描き上げていきます。 

※モチーフの花はチューリップを予定していますが、事情により変更になる可能性もございます。予めご了承ください。


【講師ホームページ】 http://minoruhirota.com/menu/c304321

日時・期間 木曜 15:30-18:30 01/25~01/25 1回
日程 2018年 1/25
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 4,968円
一般 5,616円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ・画材は透明水彩、ガッシュ、油彩など自由(日本画以外)。サイズ:木炭紙(50㎝×65㎝)から15号まで。
・1日で描く静物画です。モチーフは「チューリップ」を予定しています。花は変更する可能性もあります。
※ルミネ4階に世界堂(0466-29-9811)があります。
ご案内 ・画材は透明水彩、ガッシュ、パステル、油彩など自由(日本画以外)。
・サイズ:木炭紙(50㎝×65㎝)から15号まで。

講師紹介 広田 稔 (ヒロタ ミノル)
1959年広島県生まれ。1983年東京藝術大学美術学部卒業。1985年東京藝術大学大学院修士課程修了(彼末宏教室)。1999年ATELIER21開設(上田耕造、岡田高弘両氏との共同アトリエ)。現在、白日会常任委員。1991年「第67回白日会展」に初出品、以後毎年出品。1996年文部大臣奨励賞、2004年内閣総理大臣賞、2006年「両洋の眼展」河北倫明賞など多数受賞。「個展」2000年から日本橋三越本店、2005年から髙島屋など多数開催。2007年 上海アートフェア、2008年 ノリギャラリー・銀座、2010年 ギャラリーしらみず美術(銀座)、2011年 ギャラリー和田(銀座)、2013年 アートフェア東京(国際フォーラム・有楽町)、松坂屋(名古屋店)、「本能寺のD-伊藤キム、加藤訓子 両氏とのコラボレーション-」本能寺(京都)/パリ日本文化会館(パリ)/知立市文化会館(愛知)、近鉄百貨店 あべのハルカス近鉄本店(大阪)。2009年 「広田稔画集-彼は海まで線をひく-」(求龍堂)を刊行。

履歴