自由について考える スピノザ哲学集中講義| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】自由について考える スピノザ哲学集中講義

講師名 東京工業大学教授 國分 功一郎
講座内容
國分功一郎さん(©岩沢蘭) / 講師著書
「自由」という言葉をあまり耳にしなくなりました。いつからか、自由についての青臭い考えも、自由を求める青臭い衝動も、どこか郷愁の対象となってしまった感すらあります。ではこれは社会が自由になった証なのでしょうか。ある意味ではそうなのかもしれません。確かに特定の生き方を強制されることは少なくなりました。確かに私たちは何かから解放されたのでしょう。しかし自由とは解放されることなのでしょうか。今、私たちは自由を巡る実に根本的な問いに直面しています。この根本的な問いを17世紀の哲学者スピノザと一緒に考えます。(講師記)。
日時・期間 土曜 13:00-17:00 11/17~11/17 1回
日程 2018年 11/17
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 途中休憩あり。
当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 國分 功一郎 (コクブン コウイチロウ)
1974年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。博士(学術)。専門は哲学。著書に『スピノザの方法』(みすず書房)、『暇と退屈の倫理学 増補新版』(太田出版)、『ドゥルーズの哲学原理』(岩波書店)、『来たるべき民主主義』(幻冬舎新書)、『近代政治哲学』(ちくま新書)、『民主主義を直感するために』(晶文社)ほか多数。最新刊は『中動態の世界 意志と責任の考古学』(医学書院)。

履歴