土偶界へようこそ| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】土偶界へようこそ 縄文の美の宇宙

講師名 文筆家 譽田 亜紀子
講座内容
1万年以上続いたとされる縄文時代。
その中でも粘土で作られた人形の焼き物「土偶」に焦点をあて、解説を致します。
研究者が導きだした土偶の用途や製作者についてお伝えしながら、具体的な土偶の、発掘された時のエピソードや、出土状況から考えられる当時の人々と土偶との関係に、想像を交えながら迫ってみたいと思います。
また、土偶を生み出した縄文人とはどんな人たちで、どのような環境の中で暮らしをしていたのかなど、時代の概観も見ていきます。藤沢市から出土した土偶の解説も行う予定です。(講師記)

テーマ
①縄文時代の概説及び土偶の役割について具体例をあげて考える
②藤沢の土偶解説および土偶からみる縄文時代終わりから弥生時代の様子



日時・期間 土曜 13:00-14:30 02/10~02/24 2回
日程 2018年 2/10
受講料(税込み)
2月~2月(2回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 譽田 亜紀子 (コンダ アキコ)
岐阜県生まれ。京都女子大学卒業。奈良県橿原市の観音寺本馬土偶との出会いをきっかけに、各地の遺跡、博物館を訪ね歩き、土偶の研究を重ねている。またテレビやラジオに出演するかたわら、トークイベントなどで、縄文時代や土偶の魅力を伝える活動を行う。『中日新聞』『東京新聞』夕刊に『かわいい古代』連載中。著書に『はじめての土偶』(2014年、世界文化社)、『にっぽん全国土偶手帖』(2015年、世界文化社)、『ときめく縄文図鑑』(2016年、山と渓谷社)『土偶のリアル』(2017年、山川出版社)『知られざる縄文ライフ』(2017年、誠文堂新光社)『土偶界へようこそ』(2017年、山川出版社)。

履歴