アリの巣をめぐる冒険紀行| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】アリの巣をめぐる冒険紀行

講師名 九州大学総合研究博物館助教 丸山 宗利
講座内容
丸山宗利さん / アリと共生する甲虫
私はアリの巣に住む昆虫、いわばアリと共生する昆虫を研究対象として、世界中を調査して回っています。東南アジアを中心に調査しているほか、南米やアフリカにもしばしば訪れます。調査する人が少ないため、行くたびに新しい発見があり、たくさんの新種も見つかっています。この講演では、調査の様子や、見つけた新種についてお話しします。(講師記)
日時・期間 日曜 13:00-15:00 02/26~02/26 1回
日程 2017年 2/26
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 当日はこの受講券をお持ちください。
講師紹介 丸山 宗利 (マルヤマ ムネトシ)
1974年生まれ。博士(農学)。北海道大学大学院農学研究科博士課程を卒業。国立科学博物館、フィールド自然史博物館(シカゴ)研究員を経て、2008年より現職。専門はアリやシロアリと共生する昆虫の多様性解明。毎年精力的に国内外での昆虫調査を実施し、多数の新種を発見、多数の論文として発表している。著書に『ツノゼミ ありえない虫』(幻冬舎)、『森と水辺の甲虫誌』(編著)、『アリの巣をめぐる冒険』『アリの巣の生きもの図鑑』(いずれも東海大学出版会) 、『昆虫はすごい』(光文社)、『わくわく昆虫記 憧れの虫たち』(講談社)、『だから昆虫は面白い』(東京書籍)などがある。

履歴