ブラックホールとは何か| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】ブラックホールとは何か 重力波と宇宙誕生の秘密

講師名 高エネルギー加速器研究機構助教 久徳 浩太郎
慶應義塾大学教授 岡 朋治
東京大学名誉教授 牧島 一夫
高エネルギー加速器研究機構・総合研究大学院大学准教授 郡 和範
講座内容
©SophiaDagnello,NRAO/AUI/NSF
2017年のノーベル物理学賞は、世界初の重力波の検出に対してアメリカのLIGO(ライゴ)チームの3名に贈られました。約13億光年のかなたで、それぞれが太陽の約30倍の重さを持つ双子のブラックホールの衝突によりつくられ、2015年9月14日に地球に届いた重力波でした。このことは同時にブラックホールの存在を、宇宙からの電磁波を用いずとらえた初めての観測ともなりました。この講座では、ブラックホールをとらえるための様々な観測方法とその理論の最前線をお伝えします。(郡・記)

<第1回>2/9(土)13:00~15:00 
宇宙の音、重力波-ブラックホールたちの奏でる音楽:高エネルギー加速器研究機構助教・久徳浩太郎

<第2回>2/23(土)15:30~17:30
天の川で「見えない」ブラックホールを探す:慶應義塾大学教授・岡朋治

<第3回>3/9(土)15:30~17:30
X線観測で解明する大・中・小のブラックホール:東京大学名誉教授・牧島一夫

<第4回>3/23(土)15:30~17:30
原始ブラックホール:高エネルギー加速器研究機構准教授・郡和範
日時・期間 土曜 13:00-15:00 02/09~03/23 4回
日程 2019年 2/9
受講料(税込み)
2月~3月(4回)
会員 12,960円
一般 15,552円
教材費
設備維持費
注意事項 ※曜日・時間が変則となっています。ご注意ください。
 第1回目のみ13:00から。第2~4回は土曜15:30から。
ご案内 当日は受講券をお持ちください。
講師紹介 久徳 浩太郎 (キュウトク コウタロウ)
1985年生まれ。2012年京都大学大学院理学研究科博士課程修了。博士(理学)。2012-2013年 高エネルギー加速器研究機構研究員。2013-2015年 米国ウィスコンシン大学ミルウォーキー校研究員(日本学術振興会海外特別研究員)。2015-2016年 理化学研究所研究支援員を経て基礎科学特別研究員。2017年より現職。専門は重力波天文学の特に理論的な研究。著書に「重力波の源(Yukawaライブラリー1)」(朝倉書店)および博士論文である“The blackhole-neutron star binary merger in full general relativity”(Springer)がある。

岡 朋治 (オカ トモハル)
1968年生まれ。東京大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院理学系研究科助手、慶應義塾大学理工学部准教授を経て、現在、同学部教授。ミリ波サブミリ波観測に基づいて、銀河系の構造、銀河系中心、活動銀河中心核と巨大ブラックホール、星間物質の進化と星形成などの研究を行っている。最近は特に、銀河中心巨大ブラックホールの形成過程に興味をもつ。

牧島 一夫 (マキシマ カズオ)
1978年10月東京大学理学系研究科博士課程中退、1978年11月宇宙科学研究所助手、1986年4月東京大学理学部物理学科助教授、博士学位取得、1995年4月~2015年3月東京大学理学系研究科教授、2001年4月~2017年3月理化学研究所主任研究員(兼務)およびグループディレクター、2018年4月東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構連携研究員。

郡 和範 (コオリ カズノリ)
1970年兵庫県生まれ。2000年 東京大学大学院 理学研究科 物理学専攻 博士課程 修了。2004年 米ハーバード大学 ハーバード・スミソニアン天体物理学センター 博士研究員。2006年 英ランカスター大学 物理学科 研究助手。2009年 東北大学大学院 理学研究科 物理学専攻 助教。2010年 高エネルギー加速器研究機構 助教。2012年 高エネルギー加速器研究機構 研究機関講師を経て2014年に現職。その間、京都大学、東京大学、大阪大学の博士研究員に従事。研究内容は、宇宙論・宇宙物理学の理論研究(キーワード:ビッグバン元素合成、バリオン数生成、インフレーション宇宙論、ダークマター、ダークエネルギー、ニュートリノ宇宙物理学など)。著書に『宇宙物理学(KEK物理学シリーズ3)』(共立出版)、『宇宙はどのような時空でできているのか』(ベレ出版)がある。

履歴