夏・薪能に酔う| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】夏・薪能に酔う 寒川神社相模薪能のために

講師名 観世流シテ方準職分 中森 貫太
講座内容
中森貫太さん / 「逆矛」 / 「大瓶猩々」
終戦記念日にちなみ、世界の平和を祈念して昭和45年から続く伝統の相模薪能。本講座では当日シテをつとめる講師が、能面や装束を実際にお見せしながら、演目について解説します。今年は能「逆矛(さかほこ)」「大瓶猩々(たいへいしょうじょう)」、狂言「樋の酒(ひのさけ)」についてお話しながら、皆様を幽玄な能の世界にご案内します。鑑賞券つき。(※当日が雨天の場合、入場できなくなる場合があります。ご了承下さい。)

<薪能当日のご案内>
8月15日(水)17:30から開演予定

<演目・出演>
能:「逆矛(さかほこ)」 シテ・観世喜正
狂言:「樋の酒(ひのさけ)」 シテ・野村萬斎
能:「大瓶猩々(たいへいしょうじょう)」 シテ・中森貫太
日時・期間 土曜 10:30-12:00 07/21~07/21 1回
日程 2018年 7/21
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 当日はこの受講券をお持ちください。
講師紹介 中森 貫太 (ナカモリ カンタ)
東京芸術大学音楽部邦楽科別科終了。鎌倉能舞台創設者の中森晶三氏(重要無形文化財総合指定保持者)の長男として生まれ、1965年仕舞「老松」で初舞台を踏む。68年能「吉野天人」で初シテ。85年観世喜之師より独立。89年観世宗家・観世左近師より準職分の認定を受ける。2004年日本能楽会入会。重要無形文化財総合指定保持者となる。1999年10月より朝日カルチャーセンター・湘南で「観世流・謡曲」を指導。

履歴