南フランスの旅| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】南フランスの旅 カンヌ、ニース、モンテカルロ

講師名 中央大教授 加賀野井 秀一
講座内容
講師:加賀野井 秀一
誰もがあこがれる南フランス。そこでは、カンヌ、ニース、モンテカルロといった世界的に有名なリゾート地の間に、カーニュ、サン=ポール、エーズといった珠玉の小邑があり、ルノワール、マティス、ピカソ、シャガール、そしてコクトーにゆかりの美術館が点在しています。
生涯に一度はここを訪れないと、きっと後悔するよ、と言われて出かけた若き日の私も、すっかりこの地のとりことなってしまいました。

 本講座では、映像を交え、南フランスの風景と美術と食について、たっぷりとご紹介いたしましょう。(講師記)
日時・期間 土曜 13:30-15:00 08/05~08/05 1回
日程 2017年 8/5
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,024円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 加賀野井 秀一 (カガノイ シュウイチ)
1950年高知市生まれ。中央大学文学部仏文科卒業。同大学院、パリ大学大学院で学ぶ。現在、中央大学理工学部教授。専攻はフランス現代思想、哲学、言語学、メディア論。著書に『メルロ=ポンティ―触発する思想』(白水社)、『メルロ=ポンティと言語』(世界書院)、『20世紀言語学入門』(講談社現代新書)、『日本語は進化する』(NHKブックス)、『知の教科書ソシュール』(講談社選書メチエ)、『日本語を叱る』(ちくま新書)、『猟奇博物館へようこそ―西洋近代知の暗部をめぐる旅』(白水社)など。訳書に、メルロ=ポンティ『知覚の本性』『「幾何学の起源」講義』(共に法政大出版)、ルピション『極限への航海』(岩波書店)、ミシュレ『海』(藤原書店)、ドゥルーズ『哲学の教科書』(河出文庫)など。

履歴