家族をつくる哺乳類| 湘南教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

0466-24-2255

月~土 9:30~19:00 原則日曜祝日休業

【新設】家族をつくる哺乳類 ミーアキャットとハダカデバネズミ

講師名 総合研究大学院大学講師 沓掛 展之
講座内容
ミーアキャット / ハダカデバネズミを観察中
家族は社会を構成する単位といえます。ヒト以外の動物も、血縁個体が集まって家族を形成します。家族の中では、役割分業や協力がみられるのみならず、対立も頻繁に起きます。この講座では、家族で生活する哺乳類、とくに「協同繁殖」と呼ばれる協力性の高い社会システムを持つ種(ミーアキャット、ハダカデバネズミ)の生態に関する最新の知見を紹介します。また、ヒトの家族・子育てを考える際に必要となる生物学的知見についても紹介したいと思います。(講師記)
日時・期間 木曜 13:00-14:30 05/10~05/10 1回
日程 2018年 5/10
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 沓掛 展之 (クツカケ ノブユキ)
1975年 東京生まれ 子供の頃からの動物が好きで、動物学者を志す。東京大学・総合文化研究科にて学術博士号を取得(2003年)。日本学術振興会・特別研究員、理化学研究所・基礎科学特別研究員、JSTさきがけ研究員を経て現職。英国ケンブリッジ大学、米国コロラド大学ボルダー校にて在学研究を行う。タンザニアで野生チンパンジー、南アフリカでミーアキャットの観察を行うなど、哺乳類の社会を研究している。著書に「行動生態学」(共立出版、2012年)など。

履歴