思想・宗教 | 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

思想・宗教

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。

「倶舎論」を読む

10/03~12/19 火曜 13:30-15:00

駒澤大学教授 池田 練太郎

5世紀の学僧ヴァスバンドゥ(世親)が著した『倶舎論(くしゃろん)』を講読します。本書は、インド仏教思想史上に燦然と輝く不滅の名著です。また、...

《講座詳細へ》

新宿教室

カントと近現代の哲学思想 第2期 ―なぜ今カント哲学なのか

10/03~12/19 火曜 10:30-12:00

上智大学教授 大橋 容一郎

カントの哲学は、「すべてがそこに流れ込み、すべてがそこから流れ出る泉」と呼ばれてきた。実際にも、「あらゆる学問を裁く裁判官であるカント」は、...

《講座詳細へ》

新宿教室

カント「純粋理性批判」精読

10/06~12/15 金曜 10:30-12:00

早稲田大学教授 御子柴 善之

今期は、『純粋理性批判』における「原則の分析論」における「純粋悟性の諸原則の体系」(経験の第一類推まで)をゆっくり読みます。今期の箇所では、...

《講座詳細へ》

新宿教室

ヨーロッパにおける「倫理と政治」

10/06~12/15 金曜 18:45-20:15

東京大学名誉教授・星槎大学副学長 山脇 直司

ヨーロッパの哲学者の多くは「倫理と政治」の関係をめぐってさまざまな思想を展開した。今回はその代表的な思想を取り上げつつ、その現代的意義も考え...

《講座詳細へ》

新宿教室

アンリ・ベルクソン「創造的進化」を読む

10/09~12/25 月曜 19:00-20:30

批評家 前田 英樹

アンリ・ベルクソンの主著『創造的進化』(1907)。大部の著書なので時間はかかるが、全巻をじっくり読み込んで、読破を目指したい。この著作は、...

《講座詳細へ》

新宿教室

国家の思想と哲学の系譜

10/09~12/11 月曜 19:00-20:30

政治社会学者 堀内 進之介

世界情勢が険しくなってきている。多くの国の内部では民主主義を脅かす「権力」と「自由」をめぐる対抗関係が、国際社会においても「領土」や「宗教」...

《講座詳細へ》

新宿教室

写経に親しむ

10/09~12/25 月曜 10:00-12:00

臨済宗妙心寺派 龍雲寺住職 細川 晋輔

写経の目的は、書の技術の向上ではありません。目の前の文字を一つずつ、丁寧に写していくことができたなら、それは間違いなく素晴らしい経典になりま...

《講座詳細へ》

新宿教室

ハイデガー「存在と時間」を読む―歴史への問い

10/10~12/26 火曜 10:30-12:00

早稲田大学講師 関口 浩

『存在と時間』のテキストを、ゆっくりと、一段落、一文。一単語まで分けて説 
明して行きます。とくに難解なところは詳しく説明します。その...

《講座詳細へ》

新宿教室

ユダヤ思想入門

10/10~12/26 火曜 19:00-20:30

明治大学教授 合田 正人

一体《ユダヤ》とは何だろうか。《ユダヤ》に限ったことでは必ずしもないが、私たちは《ユダヤ的なモノ》とは何なのかという問いにいまだに答えること...

《講座詳細へ》

新宿教室

デリダと文学

10/11~12/13 水曜 19:00-20:30

東京大学准教授 郷原 佳以

文学という輪郭のあやふやな何ものかに惹かれ、読まずにはいられない、あるいは書かずにはいられない者こそ、デリダを読むべきである。
それは...

《講座詳細へ》

新宿教室

新・現代語訳で読む「法華経」

10/11~12/27 水曜 15:30-17:00

仏教思想研究家 植木 雅俊

人間の尊さを慈愛の眼差しで見つめ、それを巧みなる譬喩によって語る「人間尊重の文学」とも言える『法華経』は、これまで、鳩摩羅什訳が名訳であった...

《講座詳細へ》

新宿教室

『成唯識論』を読む

10/12~12/28 木曜 13:15-14:45

駒澤大学教授 吉村 誠

「唯識(ゆいしき)」とは、あらゆる存在はただ心のあらわれであるとみて、自己の心のありかたを 変革しようとする仏教の思想です。
 唯識思...

《講座詳細へ》

新宿教室

ポスト・グローバル化の政治の行方

11/02~12/14 木曜 18:30-20:30

立教大学特任教授 西谷 修

日本の安倍政権、米トランプ政権、仏マクロン政権、また秋には独の選挙がありますが、世界は今、グローバル秩序の再編期に入っています。その帰趨を決...

《講座詳細へ》

新宿教室

哲学の根本問題

10/12~12/14 木曜 13:00-14:30

日本大学名誉教授 小坂 国継

この講座は基本的には近代西洋哲学史の講義ですが、同時に比較思想という性格をもっています。人間の思考様式にはいくつかの基本的なパターンがありま...

《講座詳細へ》

新宿教室

仏教3.0入門 理論と実践

10/12~12/14 木曜 18:30-20:30

鎌倉一法庵住職・ ワンダルマ仏教僧 山下 良道 (スダンマチャーラ比丘)

現代日本で、大きな注目を浴びている「マインドフルネス」は、西洋に於いてセラピー、教育、研修等の非宗教的分野で発達したものだが、テーラワーダ仏...

《講座詳細へ》

新宿教室

「唯識二十論」を読み解く

10/13~12/15 金曜 15:30-17:00

筑波大学教授 佐久間 秀範

法相教学が基づく『成唯識論』は世親著『唯識三十頌』の註釈書である。同じ世親の著作に『唯識二十論』がある。前者が先輩の修行者達の体得した境地を...

《講座詳細へ》

新宿教室

現代哲学の起源としての中世哲学

10/13~12/08 金曜 19:00-20:30

慶應義塾大学教授 山内 志朗

ドゥルーズ、ハイデガー、フッサールは、中世哲学から様々な発想をくみ取り、豊かな思想を形成できた。記号論や美学においても中世哲学は重要な源泉と...

《講座詳細へ》

新宿教室

自由な心にたどり着くための仏教―原始仏教編

10/13~12/08 金曜 18:30-20:30

僧侶、興道の里代表 草薙 龍瞬

仏教の目的は、「苦しみから解放された、自由な心にたどり着く」こと。ブッダの教えは、宗教ではなく、「心を解放する合理的方法」です。気づきの瞑想...

《講座詳細へ》

新宿教室

道元「正法眼蔵」を読む

10/13~12/22 金曜 10:00-12:00

東京大学教授 頼住 光子

道元(1200~1253)の主著『正法眼蔵』は、「真正な仏法の眼目を取り集めたもの」という書名からも分かるように、仏法の全体像を明らかにしよ...

《講座詳細へ》

新宿教室

ドイツ哲学への招待

10/14~12/02 土曜 18:30-20:00

玉川大学教授 岡本 裕一朗

本講座では、18世紀末のカントから始まって、20世紀末のフランクフルト学派にいたるドイツ哲学の歴史を、現代の視点から読み解くことをめざしてい...

《講座詳細へ》

新宿教室

ユダヤ教の歴史と思想

10/14~12/09 土曜 10:30-12:00

東京大学教授 市川 裕

今年度は、久々にユダヤ教のラビに焦点を当ててみたいと思います。
「狐のかしらとなるより、獅子の尻尾であれ。」「死ぬ一日前に悔い改めなさ...

《講座詳細へ》

新宿教室

坐禅

10/14~12/23 土曜 13:00-15:00

龍雲禅堂師家 佐々木 玄宗

"十年をかけて“臨済録”を読了した。あらゆる偶像と権威を打破し、端的明快に根源の一事実、一無依の道人の「全体作用」を直示直説したこの“祖録の...

《講座詳細へ》

新宿教室

思想史はやめぐり

10/14~12/09 土曜 15:30-17:00

哲学者 田島 正樹

主だった名所を巡るように、古代ギリシアから現代思想まで、思想史を足早にめぐりながら、その中心概念の含蓄を解き明かしていきたいと思います。<b...

《講座詳細へ》

新宿教室

聖書を読み解く

10/14~12/09 土曜 13:00-15:00

宗教人類学者 山形 孝夫

ひとは意味を求める生き物。そのために物語をつくる。創世記は大きな物語。ひとはどこから来てどこへ行くのか。問いの向こうには深々とひろがる闇があ...

《講座詳細へ》

新宿教室

現代哲学の諸相 ハイデガー

10/17~12/19 火曜 19:00-20:30

専修大学教授 貫 成人

20世紀、哲学は根底から変貌しました。しかし、その変化は、古代・近世の哲学を前提したものです。この講座では、過去と比較しながら、現代における...

《講座詳細へ》

新宿教室

ニーチェの夢・自由・正義

10/18~12/20 水曜 15:30-17:00

上智大学講師 梅田 孝太

ニーチェは哲学者としてどんな問いに立ち向かったのか。本講座では、哲学史上の大問題に対するニーチェ独自の考えを明らかにしていく。(講師・記)<...

《講座詳細へ》

新宿教室

ルーマン解読

10/18~12/20 水曜 19:00-20:30

ルーマン・フォーラム管理人(socio-logic.jp) 酒井 泰斗
初回ゲスト・東北学院大准教授 小宮 友根

1968年の著作『信頼』は、特に日本では著名な倫理学者によって邦訳されたこともあずかって、ルーマンの著作の中では比較的広く読者を得たものです...

《講座詳細へ》

新宿教室

古代ギリシアの哲学者たち

10/18~12/20 水曜 19:00-20:30

東京大学教授 納富 信留

3世紀に書かれたディオゲネス・ラエルティオスの『哲学者列伝』を読みながら、古代ギリシア哲学者の生き方や活動を考察します。今期は、哲学史の貴重...

《講座詳細へ》

新宿教室

ハーバーマスを読む

10/19~12/21 木曜 19:00-20:30

政治社会学者 堀内 進之介

もっとも著名な知識人の一人であるユルゲン・ハーバーマスの研究活動は、社会秩序とその正統性を支配によってではなく、コミュニケーションによって実...

《講座詳細へ》

新宿教室

21世紀の中国哲学史―第8期

10/21~12/23 土曜 10:30-12:00

東大教授 中島 隆博

「中国哲学史」が登場したのは、西洋近代と接触し、「哲学」や「歴史学」といった近代学術が入ってきた19世紀末から20世紀においてでした。西洋的...

《講座詳細へ》

新宿教室

ヘーゲル哲学の「原点」を読む

10/21~12/16 土曜 15:30-17:00

東京大学名誉教授 髙山 守

ヘーゲルが生前に正規の著書として出版したものは、三篇しかありません。そのうちの二篇は、よく知られた著作、すなわち『精神現象学』(1807年)...

《講座詳細へ》

新宿教室

戦争をどう考えるか

10/21~12/16 土曜 18:30-20:30

立教大学特任教授 西谷 修

日本は70年以上戦争を経験しなかった。そのために戦争が情緒的に論じられることが多い。ここでは、人間社会にとって戦争とは何なのかの基本に立ち戻...

《講座詳細へ》

新宿教室

美学講義

10/22~12/24 日曜 10:30-12:00

慶応大学言語文化研究所所員 樋笠 勝士

哲学の分野の一つ、「美学」は、学問としては18世紀に誕生しましたが、その学的営為そのものは古代ギリシャ哲学の時代からありました。哲学史を見て...

《講座詳細へ》

新宿教室

瞑想ワークショップ

10/22~11/26 日曜 14:30-16:30

月読寺住職 小池 龍之介

何の力も加えずに。何にも引かずに。あるがままに、ナチュラルに息をし坐ります。あるがままの、ナチュラルな身体と呼吸の中へとのびやかに心を解き放...

《講座詳細へ》

新宿教室

「最古の聖書」とキリスト教の成立―ガリラヤ、フェニキア、カルタゴ

10/23~12/25 月曜 10:00-11:30

一橋大学名誉教授 土岐 健治

聖書の主要な舞台の北端地方としてのガリラヤについて、その実態を探ります。旧新約書の他に、ヘレニズム・ローマ時代のユダヤ教文献ーー死海文書や1...

《講座詳細へ》

新宿教室

「古事記」を本居宣長と読む

10/26~12/28 木曜 19:00-20:30

東京大学教授 苅部 直

『古事記』は、日本の歴史を語る最古の史書であるとともに、古代人の生み出した神話・思想・文学を味わう古典として有名です。遠い過去の人々は、何を...

《講座詳細へ》

新宿教室

サルトル「存在と無」を読む

10/26~12/21 木曜 15:30-17:00

立教大学教授 澤田 直

本講座では、ジャン=ポール・サルトルの主著『存在と無』をじっくりと読んでいきたいと思います。『存在と無』は実存主義の中心的理論書として知られ...

《講座詳細へ》

新宿教室

マクタガートの「時間の非実在性」をめぐって

10/27~12/01 金曜 19:00-20:30

日本大学教授 永井 均

人間たちのなかに私であるという特殊なあり方をしたやつが一人だけ存在するのと同様、悠久の時間の中に今(現在)であるという特殊なあり方をした時点...

《講座詳細へ》

新宿教室

ギリシア・ローマ古典的伝統の水脈図

10/28 土曜 13:00-14:30

東京大学名誉教授 高田 康成

古代ギリシアに発する古典的伝統が、古代ローマでの移植を通じてラテン化されると、その後に続く西欧キリスト教中世文化の土壌を提供した。しかし西欧...

《講座詳細へ》

新宿教室

スピノザ「エチカ」を読む

10/28~12/23 土曜 18:00-19:30

哲学者 江川 隆男

本講座では、17世紀のオランダの哲学者、スピノザの『エチカ』を丁寧に読んで解説していきます。本書を構成するスピノザのそれぞれの言説が、あるい...

《講座詳細へ》

新宿教室

ドゥルーズの哲学

10/28~12/23 土曜 15:30-17:00

哲学者 江川 隆男

本講座は、ジル・ドゥルーズ(1925-1995)の哲学について講義します。今回は、この半年間に本講座で論じてきた「戦争機械論」の考え方を用い...

《講座詳細へ》

新宿教室

プラトン「ピレボス」篇を学ぶ

10/28~12/23 土曜 18:15-20:15

東京都立大学名誉教授 加藤 信朗

『ピレボス』篇はプラトン後期対話篇の一つであり、その主題は「快楽論」である。しかし、他の後期対話篇群(『パルメニデス』篇第二部、『ソフィスト...

《講座詳細へ》

新宿教室

書物の身体に触れる

10/28~12/23 土曜 18:30-20:00

文化人類学者・東京外国語大学教授 今福 龍太

読書とはかならずしも頭脳や精神にかかわる知的行為というわけではありません。なによりもまず、それは物質世界と私たちの直接的・具体的関係にもとづ...

《講座詳細へ》

新宿教室

神学と哲学―キリスト教神学の根本諸問題

10/28~12/23 土曜 15:30-17:00

東京大学准教授 山本 芳久

神学という学問は、我が国では学ぶ機会が少なく、一般には馴染みの薄いものとなっています。ですが、人類の思想史を理解するためにも、世界史上の様々...

《講座詳細へ》

新宿教室

カトリックとプロテスタント

10/29 日曜 13:00-16:15

東京大学准教授 山本 芳久

宗教改革500週年を迎え、様々な書籍が出版され、講演会や講座が活発に開催されています。そのような書籍や講座の大半は、宗教改革を肯定的に評価す...

《講座詳細へ》

新宿教室

ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」を読み解く

10/30~12/18 月曜 19:00-20:30

千葉大学准教授 山田 圭一

ウィトゲンシュタインは前期の主著『論理哲学論考』において「語りうるもの」と「語りえぬもの」を区別し、倫理は後者に属するものとしている。しかし...

《講座詳細へ》

新宿教室

空海を読む「大日経」

10/30~12/18 月曜 15:30-17:00

高野山真言宗・般若院住職 宮崎 信也

今から1200年前に空海が開いた真言宗は『大日経』と『金剛頂経』の二つを所依の経典として、その根本においています。
今年の前半は『金剛...

《講座詳細へ》

新宿教室

伊藤比呂美×藤田一照 『正法眼蔵 有時』味読ライブ 第3弾

10/31 火曜 18:30-20:30

詩人 伊藤 比呂美
曹洞宗国際センター所長 禅僧 藤田 一照

「存在」と「時間」に関する道元の考察「有時(うじ)」。詩人の伊藤比呂美と禅僧の藤田一照が、言葉を超えたものを感得させようとする道元の言葉を、...

《講座詳細へ》

新宿教室

死海文書の中の「旧約聖書」

10/31~12/19 火曜 15:30-17:00

東京女子大学名誉教授 守屋 彰夫

紀元前後に記された死海文書を読み解きます。後代のヘブライ語聖書やギリシア語訳聖書などとの本文の異同を比較検討し、キリスト教会の「旧約聖書」に...

《講座詳細へ》

新宿教室

第2回11/2 初期仏教入門

11/02 木曜 18:30-20:30

スリランカ上座仏教長老 アルボムッレ スマナサーラ

成道から般涅槃までの間、お釈迦さまが折に触れて発表した詩をウダーナ(自説経)といいます。パーリ経典のなかに散文の解説とともに収録されており、...

《講座詳細へ》

新宿教室

西田哲学入門

11/03~12/01 金曜 10:30-12:00

日本女子大学教授 田中 久文

近代日本を代表する哲学者である西田幾多郎は、昭和に入って「場所」の論理というものを展開するようになる。そこから、有名な「無」の哲学が生まれる...

《講座詳細へ》

新宿教室

ルネサンスの光と闇

11/04 土曜 13:00-14:30

専修大学教授 伊藤 博明

ルネサンスは、カトリック教会が支配していた「暗黒の」中世から抜けでて、古代ギリシア・ローマの学芸や学問が再生し、異教の神話的な世界が描かれた...

《講座詳細へ》

新宿教室

自然の中の哲学―存在の一義性について

11/04 土曜 11:00-12:30

慶應義塾大学教授 山内 志朗

中世哲学、バロック・スコラ哲学につながる湯殿山の哲学は存在の一義性に収斂さ
れます。世界を捉える基本要素として、古代ギリシア以来、「エ...

《講座詳細へ》

新宿教室

トマス・アクィナスと古代ギリシア哲学

11/12 日曜 13:00-16:15

東京大学准教授 山本 芳久

『神学大全』を著した中世イタリアの神学者であり哲学者、トマス・アクィナス(1225頃-1274)は、西洋哲学の一大頂点です。古代ギリシア以來...

《講座詳細へ》

新宿教室

仏教における闇と光の世界 地獄と浄土

11/14 火曜 13:30-15:00

駒澤大学教授 池田 練太郎

仏教には、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上という六つの領域において幾度となく生死を繰り返す〈六道輪廻〉という思想があります。そのなかで、...

《講座詳細へ》

新宿教室

運慶と鎌倉仏教

11/18 土曜 15:30-17:00

東京大学教授 頼住 光子

平安時代に一世を風靡した、平明、優美な藤原和様彫刻とは対照的に、鎌倉時
代にな ると写実的で力強い彫刻が作られるようになります。この動...

《講座詳細へ》

新宿教室

第3回12/7 初期仏教入門

12/07 木曜 18:30-20:30

スリランカ上座仏教長老 アルボムッレ スマナサーラ

成道から般涅槃までの間、お釈迦さまが折に触れて発表した詩をウダーナ(自説経)といいます。パーリ経典のなかに散文の解説とともに収録されており、...

《講座詳細へ》

新宿教室

ホメロスを哲学する

12/10 日曜 10:30-12:00

慶応大学言語文化研究所所員 樋笠 勝士

「西洋古典文学」とは、古代ギリシャ・ローマ時代において、古典ギリシャ語や古典ラテン語で書かれ、学問や文化や教養の基礎として考えられてきた人類...

《講座詳細へ》

新宿教室

心のおおそうじ

12/20 水曜 18:30-20:30

月読寺住職 小池 龍之介

年の瀬に、過去を洗い去り、未来をも忘れ去る大掃除をいたしましょう。「今・ここ・この瞬間」の身体感覚という細切れの一瞬を切り取るなら、そこには...

《講座詳細へ》

新宿教室

仏教思想のエッセンス

12/22 金曜 15:00-18:20

東京大学大学院教授 下田 正弘

古代インドに始まった仏教は、アジア各地に伝播するにつれて、それぞれの歴史、風土、言語、文化の差異によって、独自の仏教を発展させました。多くの...

《講座詳細へ》

新宿教室

イギリス思想の源流(5)

12/24 日曜 13:00-16:15

慶應義塾大学教授 坂本 達哉

今回は、20世紀イギリスを代表する思想家のひとり、ジョン・メイナード・ケインズ(1883-1946)を取り上げます。彼はいまでは何より経済学...

《講座詳細へ》

新宿教室