光と闇シリーズ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

世の中の光と闇について考える

※日時等は変更となる場合がございます。最新の情報は講座詳細ページにてご確認ください。
※途中からのご受講も可能です(一部講座は除く)。

ルネサンスの光と闇

11/04 土曜 13:00-14:30

専修大学教授 伊藤 博明

ルネサンスは、カトリック教会が支配していた「暗黒の」中世から抜けでて、古代ギリシア・ローマの学芸や学問が再生し、異教の神話的な世界が描かれた...

《講座詳細へ》

新宿教室

仏教における闇と光の世界 地獄と浄土

11/14 火曜 13:30-15:00

駒澤大学教授 池田 練太郎

仏教には、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天上という六つの領域において幾度となく生死を繰り返す〈六道輪廻〉という思想があります。そのなかで、...

《講座詳細へ》

新宿教室

「陰翳礼讃」の深層

12/18 月曜 13:00-14:30

早稲田大学教授 千葉 俊二

谷崎潤一郎は関東大震災で横浜の自宅を焼かれ、関西へ移住すると同時に作風を一変させた。「痴人の愛」のように横浜を舞台とした、それまでのモダニズ...

《講座詳細へ》

新宿教室

オイディプース王

11/03 金曜 10:00-11:30

東京大学名誉教授 逸身 喜一郎

ふつうの考え方では「闇」は無知であり、「差し込む光」は無知からの解放を意味します。しかしもっとも有名なギリシャ悲劇である『オイディプース王』...

《講座詳細へ》

新宿教室

レンブラントの光、ラ・トゥールの闇

12/15 金曜 10:30-12:00

慶応義塾大学教授 望月 典子

ルネサンス以降の西洋絵画では、光と陰影 (明暗法) は、対象の立体感や質感を写実的に表現し、空間のひろがりを表す手段として発展しました。そこ...

《講座詳細へ》

新宿教室

闇の美術史

11/11 土曜 13:00-16:15

神戸大学大学院教授 宮下 規久朗

西洋絵画は中世の終わりごろから一貫して光と闇の対比の効果を追求してきました。ルネサンス以降、夜景表現が確立し、17世紀の初めにはカラヴァッジ...

《講座詳細へ》

新宿教室

音楽の光と影ー長調と短調の織りなすもの

12/23 土曜 10:00-12:00

国立音楽大学招聘教授 礒山 雅

音楽に長調と短調があるのは、なんとすばらしいことでしょうか。クラシック音楽の発展、名曲の誕生には、この前提が大きく寄与しています。しかしその...

《講座詳細へ》

新宿教室