受講者が小説現代長編新人賞の奨励賞受賞
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

受講者が講談社小説現代長編新人賞の奨励賞を受賞

投稿日 : 2017年12月25日

新宿ナイチンゲール(講談社刊)

受賞作となった「新宿ナイチンゲール」の主人公ひまりは、決していいナースではありません。仕事に対する情熱も理想もありません。金のためだけに働きます。小説の中に出て来る患者、家族も自分勝手にふるまいます。読んで驚く人もいるでしょうし、がっかりする人もいるでしょうが、それでいいと思っています。

世の中にいろんな人間がいるようにナースも様々です。

こんなナースもいるんだな、というのが伝わっていただければ充分です。

朝日カルチャーセンターの松岡教室には十年ほど通い、ようやっと今回の賞をいただくことができました。

松岡先生は一見優しそうですが、その実大変厳しく、講座が終わって家に帰ると泣いてしまうときもあったほどです。

夜、家でぽそぽそ泣きながら、何度も書くことをやめようと思いました。でももう少しだけがんばろう、もう少しだけと自分に言い聞かせながら書き続け、ようやっと受賞することができました。

諦めなかった気持ちがここまで導いてくれたと信じています。

文才もない駄目な生徒を放り投げなかった松岡先生にはとても感謝しています。本当にありがとうございました。


《講座担当者から》

ご受賞おめでとうございます。

小原さんが受講されていた松岡弘城先生の小説実作講座「小説創作ゼミナール」は長編作品の指導が中心です。これから小説を書き始めたい方、少しずつ作品を書き進めたい方には「入門・小説創作ゼミナール」講座がおすすめです。お気軽にお問合せください。

入門・小説創作ゼミナール
小説創作ゼミナール

「新宿ナイチンゲール」は講談社より1月10日発売予定です。

第12回小説現代長編新人賞の発表記事はこちらをご覧ください。