実践・日本語発音指導のポイント| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

実践・日本語発音指導のポイント

講師名 東京大学講師 大久保 雅子
講座内容 日本語教育現場において、「発音指導に割ける時間がない」、「指導方法がわかならい」という教師の声が多く聞かれます。しかし、発音指導のポイントをつかめば、毎回の授業のわずかな時間を活用した発音指導が可能となります。しかも、音声学に関する専門的な知識を使わなくても発音指導は実践可能です。本講座では、日本語学習者の発音上の問題点とその原因を取り上げ、具体的な発音指導を紹介します。さらに、それぞれの教育現場に合わせた指導方法を考えていきます。                                                (講師・記)
 

日時・期間 金曜 15:30-17:30 11/10~11/24 3回
日程 2017年 11/10
受講料(税込み)
11月~11月(3回)
会員 10,368円
一般 12,312円
教材費
設備維持費
注意事項 「日本語教師養成講座」の受講生・修了生は、出席時間数を履修時間数に加算します。修了生の方は、日本語科へお申し出ください。
ご案内 *テキストはプリントを配付予定。
講師紹介 大久保 雅子 (オオクボ マサコ)
早稲田大学大学院日本語教育研究科修士課程修了。同大学院博士課程修了。博士(日本語教育学)。日本語教育における効果的な音声指導法について研究している。早稲田大学日本語教育研究センター講師を経て、現在、東京大学教養学部講師。専門は日本語音声学。過去に香港、ロサンゼルス、東京の日本語学校にて、日本語教育に従事。主な著書に、『シャドーイングで日本語発音レッスン』(スリーエーネットワーク)など。主な論文に、「日本語学習者の自律学習を促すシャドーイングの実践と気づき ― 発音の滑らかさの向上を目指した練習方法に関する一考察」『ヨーロッパ日本語教育』(2011)、「アクセント習得を促すシャドーイング実践—効果的な実践方法を目指して―」『早稲田日本語教育実践研究』(2013)ほかがある。


履歴