「マインドフルネス×禅」をめぐって| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「マインドフルネス×禅」をめぐって 出版記念

講師名 鎌倉一法庵住職 山下 良道
講座内容
山下良道(スダンマチャーラ比丘)講師
2018年10月に刊行された『「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える』のなかで、最近各分野で注目を浴びながらいまひとつ背景がわからなかったマインドフルネスを、ブッダの菩提樹のもとでの悟りと結びつけた。では日本の伝統に深く根ざした禅宗の坐禅とはどういう関係にあるのか。いままで交わることのなかった二つの仏教の伝統が、現在の日本で多くの人を巻き込みながら出会うことで、歴史上初めての「化学反応」がおきつつある。マインドフルネスによって、800年ぶりに訪れた日本仏教のバージョンアップの詳細を解説する。


※開講日に販売予定です。山下良道『「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える』(集英社)
日時・期間 金曜 19:00-20:30 02/01~02/01 1回
日程 2019年 2/1
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 山下 良道 (ヤマシタ リョウドウ)
鎌倉一法庵住職。スダンマチャーラ比丘。1956年東京生まれ。東京外語大学仏語科卒業後、曹洞宗僧侶となる。1988年アメリカのヴァレー禅堂にて海外布教活動を開始。イタリアを経由して帰国後、京都曹洞禅センター、渓声禅堂で坐禅指導。2001年ミャンマーのパオ森林僧院にてテーラワーダ仏教の比丘になり、パオ瞑想メソッドを終了。2006年スリランカ、ネパールを経由して帰国。それ以降、鎌倉一法庵を拠点として、日本各地とインドで瞑想指導。現在の立ち位置は「ワンダルマ仏教僧」。著書『青空としてのわたし』『本当の自分とつながる瞑想入門』『光の中のマインドフルネス』。共著に『アップデートする仏教』『仏教3.0を哲学する』。最新刊は『「マインドフルネス×禅」であなたの雑念はすっきり消える』

履歴