フィンランドの歴史を高校教科書で読む| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

フィンランドの歴史を高校教科書で読む

講師名 翻訳家 上山 美保子
講座内容
フィンランドの独立100周年を記念して、じっくり取り組む機会が少ないフィンランドの歴史を、フィンランド視点で書かれた高校用歴史教科書を使ってひも解きましょう。世界史では、フィンランドと呼ばれる地域にフィンランドの最初の足跡が見られるのは1150年代から。1月期では、スウェーデン支配からロシア大公国の一部となり民族意識が高揚し、国という形式を意識し始めた1800年代から読み始めています。4月期は、独立へ至る時期から始める予定です。1年を通じて読み進め、可能な限り現代に近い時代に至るまで読み進めましょう。
受講に当たっては、一通り文法事項を学んでいることが理想ですが、動詞の過去形、現在完了(過去完了)まで学んだ経験がある方であれば無理なく予習も可能です。

(講師・記)

※フィンランド語のレベルは、動詞であれば、受動態まで勉強しているのがベストですが、過去形の肯定・否定形まで勉強したくらいから大丈夫です。


(フィンランド語)


日時・期間 土曜 17:00-18:30 04/08~06/24 6回
日程 2017年 4/8
受講料(税込み)
4月~6月(6回)
会員 22,032円
教材費
設備維持費
注意事項 ・初回の課題は事前に配布します。窓口でお受け取りください。それ以外の方には郵送いたします。
・教室は変更になる場合がございますので、当日の案内をご確認ください。
お申込みの前に ★この講座をはじめてご受講される方へ★
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについて、
担当者からご連絡いたします。まずはこちらをご入力下さい。
→ http://www.asahiculture.jp/shinjuku/form_gaikokugo トライアル可
講師紹介 上山 美保子 (ウエヤマ ミホコ)
トゥルク大学フィンランド語学科留学。東海大学文学部北欧文学科卒業。フィンランド系企業・政府系組織に勤務。訳書に「フーさん」シリーズ(国書刊行会)他。「フィンランド・森の精霊と旅をする」を監修。フィンランド語翻訳・講師。

履歴