シューベルト| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】シューベルト

講師名 国立音楽大学講師 堀 朋平
講座内容
シューベルトがオペラに情熱を傾けつづけたことは、この作曲家をめぐる一番の「意外」かもしれません。未完のものを入れて約20作、残された自筆譜の量でいえば全体の1/3にものぼるオペラへの意欲的な取り組みは、おそらく日常の会話レベルで熟成され、友人の思想から生まれたものでした。
 東洋の物語、叶わぬ恋、人間の成熟……そうしたテーマがぎっしり詰まったのが、最後に完成された《フィエラブラス》(D796)です。友人J.クーペルヴィーザーの脚本、その背景、セリフ、そして音楽を考察しながら、渾身の大作を2種類のDVDをじっくり鑑賞しましょう。
 注記)1回の講座で完結する予定ですが、もし積み残しがあった場合は、来年度にご期待ください。 (講師・記)
日時・期間 金曜 15:30-17:00 03/08~03/08 1回
日程 2019年 3/8
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 堀 朋平 (ホリ トモヘイ)
1979年生まれ。国立音楽大学・西南学院大学講師。東京大学大学院博士後期課程修了、博士(文学)。他ジャンルと交わる幅広い西洋音楽研究を志しつつ、レクチャー・コンサートなど演奏家とのコラボも行っている。著書『〈フランツ・シューベルト〉の誕生――喪失と再生のオデュッセイ』(法政大学出版局、2016年)。共著『バッハ キーワード事典』(春秋社、2012年)。共訳書にA. ハルム『フーガとソナタ――音楽の2つの文化について』(音楽之友社、2017年)など。演奏会やCDへの解説寄稿、歌詞対訳など多数。

履歴