翻訳百景| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】翻訳百景 英語と日本語のはざまで

講師名 文芸翻訳家 越前 敏弥
講座内容
翻訳書のおもしろさ、そして翻訳作業そのもののおもしろさを伝えるために、ときどき各地で講演をしています。ダン・ブラウンの『インフェルノ』を訳した講師が、ふたつの言語、ふたつの文化のあいだを行き来する仕事の楽しさときびしさを、さまざまな実例をあげながら紹介していきます。翻訳や語学の勉強をしていない人でもじゅうぶん楽しめる内容です。
※「文芸翻訳のツボ」「英米小説の翻訳」を受講中・受講予定の方はなるべくご参加ください。
                      (講師・記)
(英語翻訳)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 06/03~06/03 1回
日程 2017年 6/3
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に 【ちば割引キャンペーン対象講座です】
キャンペーン概要→https://www.asahiculture.jp/special/20170428campaign_chiba
講師紹介 越前 敏弥 (エチゼン トシヤ)
1961年生まれ。東京大学文学部卒。著書に、文芸翻訳の仕事や翻訳書の楽しみについて書いた『翻訳百景』(角川書店)、日本人が誤読・誤訳に陥りがちな英文を収集・解説した『日本人なら必ず誤訳する英文』(ディスカヴァー)など。主な訳書に『ダ・ヴィンチ・コード』『Yの悲劇』『シートン動物記』『思い出のマーニー』(以上、角川書店)、『解錠師』『生か、死か』(以上、早川書房)、『おやすみ、リリー』(ハーパー・コリンズ・ジャパン)、『世界文学大図鑑』(三省堂)、『チューダー王朝弁護士シャードレイク』(集英社)など。

履歴