季節をたのしむ食の手仕事| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】季節をたのしむ食の手仕事

講師名 テーブルトップディレクター・郷土料理研究家 小島 喜和
講座内容
参考画像 / 参考画像
旬の食べ物には、その時期に体が必要としているエネルギーが宿っています。
真っ赤な苺、爽やかな柑橘類、香りの良い洋梨・・・店頭に並ぶ、色とりどりの季節の果物。
そのまま食べてももちろん美味しいのですが、加工してジャムやコンポートにすることで、旬の香りとエネルギーを閉じ込めて次の季節まで長く楽しむことができます。そして、少し手間をかけただけで、生で食べる時とはまた違う味わいに変化するのも楽しいものです。
難しく考えず、気負わずに、たった1つの果物からで大丈夫。試食も交えて、果物それぞれに合う加工法や、相性の良いスパイスなど、素材の魅力を引きたてて保存食にするためのコツを紹介します。
季節の小さな手仕事で、慌ただしい日常の中でもほっと安らげる時間を、ぜひ。 (講師記)                   
※講義中心の講座です。実習は行いません。 
※講座当日に講師著書の販売を予定しております。
日時・期間 土曜 10:00-12:00 11/18~11/18 1回
日程 2017年 11/18
受講料(税込み)
11月~11月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費 教材費
設備維持費
注意事項 ・キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
講師紹介 小島 喜和 (コジマ キワ)
アメリカ、フランスの製菓学校で製菓、製パンを学びディプロマを取得。同時期にテーブルトップ全体のコーディネートを身につけるため、フラワーアレンジメント、テーブルコーディネートを学ぶ。旅館を営んでいた祖母からのレシピ、懐石料理店を営む母の指導など、子供の頃より、食に関わり、その現場を見てきたことが現在に活きる。自宅のある東京と高知にて料理教室を主宰するかたわら、テレビや書籍、雑誌などで幅広く活躍中。『高知のおいしい料理帖』、2017年世界グルマン本大賞2位受賞の『和の台所道具 おいしい料理帖』(ともに日東書院本社)、『四季を愉しむ手仕事』(河出書房新社)など著書多数。
ホームページ http://www.kiwakojima.com/ ブログ http://misorado.exblog.jp/

履歴