名曲を読み解く| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

名曲を読み解く オーケストラという構想

講師名 作曲家 桐朋学園大学院大学教授 石島 正博
講座内容 作曲家はどのようにオーケストラを構想し、スコアへと定着しているのか?
響きのモザイクとも言える、オーケストラ作品の創意とその創作のプロセスを辿ります。今回はベートーヴェン以降の作品を取り上げます。真のオーケストラの創意と意匠を作品から読み解きます。(講師記)

日時・期間 土曜 13:00-14:40 10/28~12/16 2回
日程 2017年 10/28
受講料(税込み)
10月~12月(2回)
会員 6,048円
一般 7,344円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 石島 正博 (イシジマ マサヒロ)
桐朋学園大学卒。在学中、作曲を三善晃に師事。79年武満徹主宰MUSIC TODAY国際作曲コンクール・ファイナリスト、80年、日本音楽コンクール(管弦楽部門)3位。主な作品に《ODE》-ヴァイオリンとオーケストラのために-、《WOVEN》-打楽器とピアノために、《REQUIEM》-ピアノソロのために-、《女歌》-18声の女声のために-、《弦楽四重奏曲第1番》、《3つのマドリガル》、バレエ「天上の詩」(芸術祭大賞)、オペラ《みるなの座敷》他。また、研究・著書に「ラヴェルピアノ作品全集」(全3巻)(全音楽譜出版社刊)他がある。現在、桐朋学園大学院大学教授。


履歴