詩を読む・語る| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】詩を読む・語る 鑑賞と講評

講師名 詩人 吉田 文憲
講座内容
中原中也、宮沢賢治、立原道造、茨木のり子、新川和江、吉増剛造など、近現代の詩人の作品を鑑賞、解説します。その後、みなさまの提出作品について講評します。鑑賞するだけでなく実作するを通して、詩を書くことの意義、喜び、詩とは何かについて考えていきます。
日時・期間 木曜 13:00-15:00 01/18~01/18 1回
日程 2018年 1/18
受講料(税込み)
1月~1月(1回)
会員 3,132円
一般 3,780円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変更になる場合がございますので、当日の案内をご確認ください。
ご案内 ・作品はB5版サイズの用紙に書いて、当日の講義開始5分前までに10階カウンターのBOXにご提出下さい。
講師紹介 吉田 文憲 (ヨシダ フミノリ)
1947年秋田生まれ。詩集に『花輪線へ』砂子屋書房、『遭難』『移動する夜』『現代詩文庫 吉田文憲詩集』思潮社、詩論集に『宮沢賢治-妖しい文学の物語』思潮社。『宮沢賢治-幻の郵便脚夫を求めて』大修館書店など。2001年に詩集『原子野』で晩翠賞、2006年『六月の光、九月の椅子』で山本健吉賞。2011年宮沢賢治賞。2014年詩集『生誕』で高見順賞。

履歴