小塚崇彦が語るフィギュアスケートの魅力| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】小塚崇彦が語るフィギュアスケートの魅力

講師名 フィギュアスケーター / フィギュアスケート・デモンストレーター 小塚 崇彦
ライター 長谷川 仁美
講座内容
バンクーバー五輪代表など、男子フィギュアスケート界をけん引し、2016年に現役引退された小塚崇彦さん。現役時代からスケートに関わるさまざまなことを調査・研究してきた小塚さんだからこその着眼点で、スケートにまつわるさまざまなお話をうかがいます。「5コンポーネンツはこうとらえる」といった演技の見方や「選手はこんなことを考えている」というようなスケーター目線のお話も。
 聞き手は、ライターの長谷川仁美さんです。

★パンフレットに掲載のない特別講座です。
★WEB先行受付は4/4(火)10時から開始いたします。
 空席がある場合のみ窓口は4/5(水)9時半から、電話は4/5(水)10時半からお申込みを承ります。
日時・期間 火曜 19:00-20:30 05/16~05/16 1回
日程 2017年 5/16
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,456円
一般 4,104円
教材費
設備維持費
注意事項 ■会場:工学院大学新宿キャンパス3階アーバンテックホール。JR新宿駅西口から地下通路「中央通り」を直進。

 地図 http://www.kogakuin.ac.jp/facilities/campus/shinjuku/access.html
教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
お申込みの前に ・WEB受付はご本人のみ、お一人様一枚となりますのでご注意ください。窓口・電話でのお申込みは4/5開始でお一人様4枚まで(ご予約の際、お連れ様のお名前・電話番号・ご住所が必要です)。
・お申込み前に登録・ログインしていただきますことをお勧めいたします。
・モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)をご利用の場合、当社からのメール『@asahiculture.com』を受信できるようドメイン設定をお願い致します。
・当社からID,パスワード確認メールが届かない場合はこちらをご覧ください。⇒ https://www.asahiculture.jp/mailerror
ご案内 ■入場用整理番号(ご入金順)を五月上旬に発送いたします。届かない場合はカルチャーセンター事務局にお問い合わせください(℡03-3344-1945)。
■当日はホール入口にて整理券をご提示ください。開場は18時半予定(ご来場は18時以降にお願いいたします)。全席自由。
■質問募集中!締め切りは5月7日必着。お名前をご明記ください。※時間の都合上すべてのご質問にはお答えできません。
【宛先】・メール sn9info@asahiculture.com ・ハガキ 〒163-0204 東京都新宿区西新宿2-6-1新宿住友ビル10階 朝日カルチャーセンター「フィギュアスケート」係
講師紹介 小塚 崇彦 (コヅカ タカヒコ)
1989年2月27日、愛知県名古屋市生まれ。元五輪代表の父のもと、5歳からスケートを始める。2005-06シーズン、全日本ジュニア選手権・世界ジュニア選手権で優勝。2010年のバンクーバー五輪に出場、8位入賞。世界選手権は計7回出場し、2011年の大会では2位に。全日本選手権には連続12回出場し、2010年大会の優勝をはじめ、7回表彰台に上がる。2016年3月にトヨタ自動車へ社員として入社。2017年2月からはフィギュアスケートの解説やスケート教室の講師等、活動の幅を拡げている。
長谷川 仁美 (ハセガワ ヒトミ)
静岡市生まれ。大学卒業後、NHKのディレクター、編集プロダクションのコピーライターを経て、フリーランスのライターに。2002年からフィギュアスケートの取材を始め、大会やアイスショーなどフィギュアスケートにまつわるさまざまを取材したり、国内外の選手、関係者らへインタビューしたりしています。雑誌『フィギュアスケートLife』(扶桑社)などに執筆。

履歴