ニーチェと現代| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ニーチェと現代

講師名 上智大学講師 梅田 孝太
講座内容
フリードリヒ・ニーチェ(1844–1900)の思想は、哲学や文学、芸術をも含めた現代の思想潮流全般に広く影響を及ぼしてきた。ニーチェの「ニヒリズム」という言葉には、もはや反時代的な響きはない。ハイデガーはニーチェを西洋思想全体の代弁者とみなし、「ニーチェとの対決」は二十世紀以降の哲学者たちの課題となった。またフランスの思想家たちは、ニーチェ解釈を通じて「実存」や「脱構築」を目指していった。本講座では、ニーチェが現代に投げかけた問いとその反響としての現代思想を紹介する。とりわけカミュやデリダが受け止めたニーチェ的問題に注目し、現代思想の一つの焦点である有限性の問題について考察する。(講師・記)

第一回 ニーチェ的な、あまりにニーチェ的な現代
第二回 神なき時代に生きる―ニーチェ、カミュ、デリダ
第三回 有限性について考える


日時・期間 水曜 15:30-17:00 01/16~03/20 3回
日程 2019年 1/16
受講料(税込み)
1月~3月(3回)
会員 9,720円
一般 11,664円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 梅田 孝太 (ウメダ コウタ)
1980年生まれ。博士(哲学)。近現代ドイツの哲学思想および倫理学を研究。上智大学大学院哲学研究科にて博士論文「ニーチェの力の哲学」で学位取得後、上智大学研究機構特別研究員を経て、現在、上智大学ほか講師。日本ショーペンハウアー協会幹事として、国内唯一のニーチェ哲学研究専門の学会組織であるニーチェ・セミナーの世話人を務める。

履歴