トランシルヴァニアの伝統手芸| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】トランシルヴァニアの伝統手芸 イーラーショシュ体験

講師名 伝統手芸研究家 谷崎 聖子
講座内容
ルーマニア西部カロタセグ地方村々では、古くから手仕事の文化が生活に根ざしてきました。冬の農閑期がくると、女性たちは集まって糸を紡ぎ、刺繍をして長い夜をすごしました。19世紀末にはヨーロッパ中を風靡した、カットワーク、イーラーショシュのベッドカバーに枕カバー。鮮やかな色と柄が織り成す民俗衣装。現代では「清潔の部屋」と呼ばれる一室に大切に保管されています。カロタセグ地方の伝統刺繍の世界を、現地で取材した写真とともにご紹介します。また、カロタセグを代表する刺繍、イーラーショシュも体験していただけます。
日時・期間 土曜 10:00-12:00 06/18~06/18 1回
日程 2016年 6/18
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 <各自ご用意ください>筆記用具、教材費2300円(教室にてお支払ください。お釣りのないようにご用意ください)
講師紹介 谷崎 聖子 (タニザキ セイコ)
伝統手芸研究家。ハンガリー文化コーディネーター。大阪外語大学ハンガリー語学科卒業後、ハンガリー政府奨学生としてブタペスト大学フォークロア学科に留学。ルーマニア・トランシルヴァニア地方で結婚、出産。夫とともにトランシルヴァニア各地を巡り、各地の伝統的な手仕事の今を取材、雑誌などで紹介し、日本でトランシルヴァニアの手仕事、農村の文化などを紹介する展示やワークショップも行っている。また自身も伝統刺繍を学び、製作している。2013年6月「イーラーショシュ トランシルヴァニアの伝統刺繍」(文化出版局)9月「カロタセグのきらめく伝統刺繍: 受け継がれる、ハンガリー民族のきらびやかな手仕事」(誠文堂新光社 )

履歴