バッハ パルティータの魅力| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】バッハ パルティータの魅力 クーラントって何

講師名 ヴァイオリニスト 前田 朋子
ピアニスト 上杉 春雄
音楽プロデューサー 中野 雄
講座内容
上杉春雄さん / 前田朋子さん
バッハの作品で最初に出版された曲集であり、クラヴィーア組曲の最高峰と評価されるパルティータ。 前回に続いてウィーンで活躍中のヴァイオリニスト・前田朋子さんをお迎えして、無伴奏パルティータと、その20年後にまとめられたチェンバロのためのパルティータの対決をお楽しみください。
 今回は合わせて、古典組曲の主要メンバーである「クーラント」という舞曲について、映像やバッハ以外の楽曲も合わせて鑑賞していただき、理解を深めていただこうと考えております。    (上杉・記)

《プログラム》 
・バッハ:  パルティータ 第1番 クーラントとドゥブル(ヴァイオリン)
・コレルリ: ヴァイオリン・ソナタ 第7番(ピアノとヴァイオリン)
・バッハ:  パルティータ 第2番(ピアノ)
・ラモー:  クーラント(ピアノ)
              
 ※演奏曲目は予定です。変更する場合もありますのでご了承ください。
日時・期間 土曜 16:00-17:30 07/07~07/07 1回
日程 2018年 7/7
受講料(税込み)
7月~7月(1回)
会員 4,104円
一般 4,752円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 前田 朋子 (マエダ トモコ)
ウィーン在住のヴァイオリニスト。鎌倉出身。3歳よりヴァイオリン、4歳よりピアノを始める。4歳から12歳までドイツで生活。桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、デュッセルドルフ・ロベルト・シューマン音楽大学を首席にて卒業、ドイツ国家演奏家資格試験に最優秀の成績で合格。これまでに蓼科音楽祭奨励賞、第29回ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクール特別賞受賞。梅津南美子、尾関えりか、豊田耕児、石井志都子、ミヒャエル・ガイザー、ティボール・ヴァルガ、エーリッヒ・へーバルト、パウル・バドゥラ=スコダ各氏に師事。日本やヨーロッパ各地でソロや室内楽で活躍する。ウィーン赤十字親善大使。ホームページはhttp://www.tomokomayeda.com

上杉 春雄 (ウエスギ ハルオ)
1967年生まれ。PTNAグランプリ、マリア・カナルス国際コンクール上位入賞など内外のコンクールで多数入賞。1988年サントリー大ホール、大阪シンフォニーホールでソロリサイタルを行う。以後東芝EMIよりCD4枚発売。オーケストラアンサンブル金沢、東京フィル、読響等と共演。池辺晋一郎、中丸三千繪、諏訪内晶子、川本嘉子、前ウィーンコンセルヴァトワール教授A・スコチッチらとの共演も重ねる。NHK-FM「名曲リサイタル」、浜離宮朝日ランチコンサート、東京オペラシティ「エッセンシャルモーツァルト」コンサート等に出演。NHK「芸術劇場」、読売新聞「顔」欄等で活動が取り上げられる。マリリン・ホーンやホセ・カレーラスら大スターとの専属的共演で世界的なコレペティとして知られるMartin Katz氏に歌唱伴奏法を師事し、氏の著書「ピアノ共演法」を音楽の友社より翻訳出版。↓↓ チェンバロ、パイプオルガンも学び、現在ライフワークであるバッハの連続演奏会を、京Hakujuホールで開催中。音楽誌上で絶賛を受けている。バッハ平均律クラヴィーア曲集第1巻全曲CDは、2012年「レコード芸術」誌にて特選盤に選ばれた。今年は音楽家デビュー25周年にあたり、秋には紀尾井ホール、兵庫県立芸術文化センター、札幌コンサートホールなどでバッハ、ショパンからクセナキスまでのコンサートシリーズを行う。↓↓ 北海道大学医学部卒、東京大学大学院医学研究科修了。スウェーデンウプサラ大学臨床神経生理部門留学。現在札幌麻生脳神経外科病院神経内科医長。医学博士、日本神経学会専門医。↓↓
中野 雄 (ナカノ タケシ)
東京大学法学部卒業。日本開発銀行から、オーディオ・メーカーのケンウッドに移り、レコード事業・音響機器生産担当役員(代表取締役)、ケンウッドU・S・A会長などを歴任、株式のニューヨーク上場を果たす。同社在職中より昭和音楽大学作曲学科、津田塾大学の非常勤講師を務める。NHKラジオ深夜便レギュラー講師。著書に『丸山眞男 音楽の対話』、『ウィーン・フィル 音と響きの秘密』、『モーツァルト 天才の秘密』(文春新書)、『音楽家になるには』(ペリカン社)、『指揮者の役割-ヨーロッパ三大オーケストラ物語』(新潮選書)など。

履歴