歌舞伎と「平家物語」| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

平清盛生誕900年 【新設】歌舞伎と「平家物語」

講師名 アナウンサー・古典芸能解説者 葛西 聖司
講座内容
歌舞伎の原作ともなる、先行芸能の能や同時代の人形浄瑠璃はもちろん、現行の歌舞伎オリジナル作品にも『平家物語』は多くの材料を提供し、あまたの登場人物が舞台で立体的に活躍する。「平家女護島」では俊寛流罪の顛末や清盛の横暴を目の当たりにでき「義経千本桜」では、安徳帝や知盛の入水を、再現ドラマとして展開する。「一谷嫩軍記」には敦盛最期や忠教都落ちがミステリードラマに仕組まれている。琵琶法師によって語られた周知の歴史劇が極彩色の人間ドラマで描かれる歌舞伎。両者の関係を楽しみながら絵解きする講座にご期待ください。  (講師・記)
日時・期間 土曜 10:30-12:00 04/28~04/28 1回
日程 2018年 4/28
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 葛西 聖司 (カサイ セイジ)
NHKアナウンサーとして、様々なテレビ、ラジオの番組で活躍。特に伝統芸能を紹介する多くの番組に携わり、日本文化の魅力をお茶の間へ伝えてきた。現在は、その経験と広い人脈を生かし、歌舞伎、能楽、文楽、日本舞踊などをテーマに全国で伝統文化の講演・セミナーを展開。深い知識とユーモアでわかりやすく伝える講座は多くの人を古典芸能のファンにさせてきた。 著書に「僕らの歌舞伎」(淡交社)「名セリフの力」「ことばの切っ先」(展望社)「文楽のツボ」(NHK出版)など。共著に「能の匠たち」(小学館)、「能楽史事件簿」(岩波書店)、「はじめての歌舞伎」(学研)ほか。日本演劇協会会員。

履歴