「クマのプー」翻訳秘話| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「クマのプー」翻訳秘話

講師名 作家 森 絵都
講座内容
英国人作家A.A.ミルンが一九二六年に著した『Winnie-the-Pooh』は、主人公プーの卓越なユーモアと溢れる詩心をもって、今なお世界中で愛され続けています。が、翻訳に於いてはこの「ユーモア(ギャグやボケ)」や「詩(韻を踏んでなんぼ)」こそが、難攻不落の砦のごとく二つの言語のあいだに立ちはだかります。古き良き英国児童文学の牧歌的な世界観を守りつつ、今の日本の読者にとって親しみやすい作品にするため、この新訳に於いて何を心がけ、どう手を尽くしたのかーー新しい「プー」を世へ送りだす上での悪戦苦闘の数々をお話します。(講師・記)
日時・期間 土曜 15:30-17:00 06/09~06/09 1回
日程 2018年 6/9
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 森 絵都 (モリ エト)
1968年東京都生まれ。早稲田大学卒業。1990年『リズム』で講談社児童文学新人賞を受賞し作家デビュー。
同作品は椋鳩十児童文学賞を受賞。『宇宙のみなしご』で野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。
『アーモンド入りチョコレートのワルツ』で路傍の石文学賞、『つきのふね』で野間児童文芸賞、『カラフル』で産経児童出版文化賞、
『DIVE!!』(全4巻)で小学館児童出版文化賞を受賞。2006年『風に舞い上がるビニールシート』で直木三十五賞を受賞。2017年『みかづき』で中央公論文芸賞を受賞。
主な翻訳作品に『永い夜』『スキ…』『おやゆびひめ』『クマのプー』『プー通りの家』『クマのプー 世界一のクマのお話』等がある。

履歴