レクチャー&コンサート  ブダペストからの哀愁と情熱のヴァイオリン| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

《ツィゴイネルワイゼンとハンガリー舞曲第五番》 【新設】レクチャー&コンサート  ブダペストからの哀愁と情熱のヴァイオリン

講師名 ジプシーヴァイオリニスト 古館 由佳子
ピアニスト 瀧田 亮子
講座内容
ハンガリージプシー音楽に魅せられて、ブダペストでジプシー音楽修行を行ったという古館由佳子さんのヴァイオリンは、ジプシーの哀愁と情熱に溢れ、旅情をそそります。
ハンガリージプシー音楽は、それ自体の発展と共に、ヨーロッパ中のクラシックの作曲家にも大きな影響を与えました。
今回は、とくに有名な「ツィゴイネルワイゼン」と「ハンガリー舞曲第五番」を中心に、さまざまなパターンのハンガリージプシー音楽や、その音楽を育んだハンガリーの音楽事情等をご紹介していきます。

(演奏予定曲目)
ツィゴイネルワイゼン
ハンガリー舞曲第五番
草笛ホラ
チャールダーシュ
ひばり

※自由席です。
日時・期間 土曜 16:00-17:30 02/04~02/04 1回
日程 2017年 2/4
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,672円
一般 4,320円
教材費
設備維持費
注意事項
ご案内 ※自由席です。
講師紹介 古館 由佳子 (フルダテ ユカコ)
岩手県宮古市出身。桐朋学園大学音楽学部卒。ハンガリー・ブダペストにて、ハンガリー最高賞であるコシュート・ラヨシュ賞受賞者のボロシュ・ラヨシュ、ヴァイダ・バルナバーシュにジプシーヴァイオリンを師事。2006年、ハンガリー国際ジプシーヴァイオリンコンクールにて、審査員特別賞、レメーニ・エデ協会賞、ハンガリー演奏家・舞踊家協会賞、をそれぞれ授賞。ロマ民族以外で、また、アジアの女性として初めての授賞として、ハンガリー国内外で話題をさらった。その後、マジャールTV, ドゥナTVに出演、特集番組が組まれた。 ヴァイダ・ジプシー・コンサート・オーケストラの共同設立者兼ソリスト。 2012年と2013年には、ハンガリー国立博物館のコンサートに招聘され、大成功をおさめた。 これまでに、シャーンタ・フェレンツ、ロビー・ラカトシュ、ラースロー・ベルキ等と共演。 2014年ロサンゼルスで行われたWCOPA(ワールドチャンピオンシップ・オブ・パフォーミングアーツ)で、6つの部門においてそれぞれ金メダル受賞、加えて五つのカテゴリーにおいてチャンピオンとなる。 NHK深夜便出演、 NHKクラシック番組にハンガリー語対訳提供。 宮古市の実家は東日本大震災で被災。https://www.facebook.com/yukako.furudate
瀧田 亮子 (タキタ リョウコ)

履歴