沼尻竜典が語るマーラー交響曲第9番| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】沼尻竜典が語るマーラー交響曲第9番

講師名 指揮者 沼尻 竜典
講座内容
指揮者・沼尻竜典さんが、神奈川フィルの定期演奏会を前に、マーラー最後の交響曲第9番を解説します。音楽史上、非常に重要な位置を占めているこの曲の魅力に迫ります。

♪神奈川フィルハーモニー管弦楽団演奏会情報♪
公演日時 2018年5月19日(土曜日) 14:00 開演
公演場所 横浜みなとみらいホール
指揮者  沼尻竜典
マーラー/交響曲第9番 ニ長調
S席:¥6,000 A席:¥4,500 B席:¥3,000
問合せ先 神奈川フィル・チケットサービス 045-226-5107(平日10時-18時)
http://www.kanaphil.or.jp/Concert/concert_detail.php?id=549
日時・期間 木曜 19:00-20:30 05/17~05/17 1回
日程 2018年 5/17
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 2,700円
一般 3,348円
教材費
設備維持費
注意事項 5/19の神奈川フィル演奏会チケットをお持ちの方は会員料金でご受講いただけます。お電話(03-3344-1945)にてご予約いただき、朝日カルチャー窓口でチケットをご提示の上お手続きください。(チケットのご提示がないと割引を受けられません。またお支払い後の変更はできません。予めご了承ください。)
講師紹介 沼尻 竜典 (ヌマジリ リュウスケ)
びわ湖ホール芸術監督、トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア音楽監督、リューベック歌劇場首席客演指揮者。1990年ブザンソン国際指揮者コンクール優勝。ロンドン響、ベルリン・ドイツ響等欧米各国のオーケストラを指揮。国内ではN響を指揮してのデビュー以来、これまで、新星日響正指揮者、東フィル正指揮者、名古屋フィル常任指揮者、日本フィル正指揮者、群馬響首席指揮者兼芸術アドバイザー、日本センチュリー響首席客演指揮者を歴任。1995年、自ら結成したトウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ(現トウキョウ・ミタカ・フィルハーモニア)と共に、三鷹市芸術文化センターを拠点に活動を開始。オペラ指揮者としては1997年《後宮からの誘拐》でデビュー、近年では、ケルン歌劇場、バイエルン州立歌劇場等へも客演。また、びわ湖ホール、リューベック歌劇場でも数々のプロダクションを成功に導いている。91年第1回「出光音楽賞」、99年第7回渡邉暁雄音楽基金音楽賞、01年第51回芸術選奨文部科学大臣新人賞、04年第3回齋藤秀雄メモリアル基金賞、05年第46回毎日芸術賞、第23回中島健蔵音楽賞、2011年文化庁芸術祭優秀賞、第61回芸術選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞。2017年紫綬褒章。

履歴