ヨーロッパ史の軌跡| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ヨーロッパ史の軌跡

講師名 茨城大学名誉教授 池谷 文夫
講座内容 ヨーロッパ史は、「地理的ヨーロッパ」と「歴史的ヨーロッパ」の重なり合う場で、現代の我々から見ても、時代も地域も多様な中で営まれた壮大な歴史である。 近代以降の世界を支配するに至ったヨーロッパの、形成・確立・発展・変動の軌跡に思いを馳せつつ、古代から近代直前までの2000年余の時間と空間の中における折々の展開を考察する。通史的視点に立ちつつも、各回毎の大きなテーマに即して、事件・人物・地域へのアプローチを試み、「なぜ」・「どのように」・「どうなったか」を追究してゆきたい。(講師記)

【春期(4-6月)古代】
1 4/12 古代ギリシア-「オリエント」と「オクシデント」
2 5/10 ローマ帝国-「ローマは一日にして成らず」
3 6/14 ローマ帝国-「すべての道はローマに通ず」

=次期以降は下記の予定です=
【夏期(7-9月)中世】
4 7/12 中世ヨーロッパを俯瞰する-「教皇は太陽,皇帝は月」
5 8/9 中世ヨーロッパの封建社会
-「家来の家来は家来ではない」と「都市の自由」
6 9/13 イタリア及びヨーロッパのルネサンス
-「自然と人間の発見」と「万能人」

【秋期(10-12月)近世】
7 10/11 宗教改革と宗教戦争
-「我ここに立つ」と「職業人」
8 11/8 「大航海時代」と「資本主義世界システム」
9 12/13 絶対王政から近代国民国家へ
-「朕は国家なり」と「君主は国家第一の僕」

日時・期間 木曜 13:30-15:00 04/12~06/14 3回
日程 2018年 4/12
受講料(税込み)
4月~6月(3回)
会員 9,720円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 池谷 文夫 (イケヤ フミオ)
1948年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学,博士(文学,東京大学)。専門は中世ドイツ史・政治思想史・神聖ローマ帝国史。主な著書に,『ドイツ中世後期の政治と政治思想』(単著,刀水書房),『幻影のローマ』(共著,青木書店),『多元的世界の展開』(共著,青木書店),『宮廷と広場』(共著,刀水書房),『ドイツ史Ⅰ』(共著,山川出版社『世界史大系』),『ウルバヌス2世と十字軍』(単著,山川出版社)。

履歴