シャガールの軌跡| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】シャガールの軌跡 時代に感応する芸術

講師名 東京ステーションギャラリー館長 冨田 章
講座内容
色彩画家、愛と幻想の画家などと呼ばれるマルク・シャガール(1887-1985)。彼はユダヤ人という出自、また革命や戦争といった時代の荒波に翻弄されながら、独創的で豊かな表現力を、新しい時代の美術と感応させ、美しい色彩に彩られた個性あふれる作品を創り出しました。この講座では、シャガールの人生と代表的な作品をたどりながら、その魅力を探ります。また版画、彫刻、陶器、ステンドグラス、壁画、舞台美術など、多岐にわたるシャガールの仕事についてもご紹介していきます。(講師記)

展覧会情報 「 シャガール 三次元の世界」
会期 2017年9月16日(土)-12月3日(日)
開館時間  午前10時-午後6時
会場  東京ステーションギャラリー
*詳細は東京ステーションギャラリーのサイトをご確認下さい。
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201709_chagall.html
シャガールというと色彩画家のイメージがありますが、晩年に多くの彫刻や陶器を作っていたことはあまり知られていません。このシャガールの彫刻が、はじめて本格的に日本で紹介される展覧会が開かれます。これを機に、代表的な絵画作品はもとより、版画、彫刻、陶器、ステンドグラス、壁画、舞台美術など、多岐にわたるシャガールの仕事をご紹介し、絵画だけにとどまらないシャガールの創造活動全体を概観し、その魅力を探ります。
日時・期間 月曜 10:30-12:00 10/02~10/02 1回
日程 2017年 10/2
受講料(税込み)
10月~10月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 冨田 章 (トミタ アキラ)
1958年生まれ。慶應義塾大学、成城大学大学院卒業。(財)そごう美術館、サントリーミュージアム[天保山]を経て、現在、東京ステーションギャラリー館長。専門は、フランス、ベルギー、日本の近代美術史。「梶田半古の世界」、「ロートレック展」、「始発電車を待ちながら」、「洋画家たちの青春」などを企画。著書に『ビアズリー怪奇幻想名品集』(東京美術)、『偽装された自画像』(祥伝社)、共著に『魅惑のベルギー美術』(神戸新聞総合出版センター)、訳書にキャサリーン・ディーン著『クリムト』(西村書店)など。

履歴