ぶれない心と体になる| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

「日本人力」を身につけて 【新設】ぶれない心と体になる

講師名 曹洞宗国際センター所長 藤田 一照
整体武術家 河野 智聖
米国Rolf Institute認定ロルファー™ 藤本 靖
関西大学准教授 小室 弘毅
講座内容
(左から)藤田一照師、河野智聖氏 / 藤本靖氏、小室弘毅氏
日本人は「礼儀正しさ」、「謙虚さ」、「細やかさ」などの性質を持つと世界的に評価されてきました。また世界中の文化を取り入れて咀嚼、消化し、独自に磨きをかけ伝統化する「しなやかな器用さ」も持ち合わせています。これらは日本に特有の身体文化の中で培われてきた性質ですが、現代の日本人はこの感覚を失いつつあります。
武術、文化、芸術などを通じて日本人の体の持つ力を探求する河野智聖氏が、西洋人の心と体に詳しい禅僧の藤田一照師とボディーワークの藤本靖氏と出会い、「日本人の体の底力」を引き出す方法についてディスカッション&体験していきます。司会は関西大学の小室弘毅准教授です。
武術や禅になじみがない方もお気軽にご参加ください。(講師・記)
日時・期間 土曜 17:00-20:30 03/04~03/04 1回
日程 2017年 3/4
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項 健康教室前の更衣室をご利用いただき、靴は各ロッカーにお入れください。ロッカーは施錠できます、鍵の紛失にご注意ください。
ご案内 <各自ご用意ください>動きやすい服装(スカート不可、更衣室有り)、足元は靴下か裸足
講師紹介 藤田 一照 (フジタ イッショウ)
1954年愛媛県生まれ。東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士課程を中途退学し、曹洞宗僧侶となる。1987年よりアメリカ合衆国マサチューセッツ州西部にある禅堂に住持として渡米、近隣の大学や仏教瞑想センターでも禅の講義や坐禅指導を行う。2005年に帰国。現在サンフランシスコにある曹洞宗国際センター所長。著書に『現代坐禅講義』。共著に『あたらしいわたし』、『アップデートする仏教』。訳書にティク・ナット・ハン『禅への鍵』、『法華経の省察』、ドン・キューピット『未来の宗教』(以上、春秋社刊)、スティーブン・バチェラー『ダルマの実践』、デイビッド・ブレイジャー『フィーリング・ブッダ』(以上、四季社刊)キャロライン・ブレイジャー『自己牢獄を超えて』(コスモス・ライブラリー刊)がある。2010年NHK「こころの時代―宗教・人生『坐禅 結果自然成』」に出演。2013年、山下良道師(スダンマチャーラ比丘)との共著『アップデートする仏教』(幻冬舎)を刊行、新しい仏教の捉え方である「仏教1.0、2.0、3.0」が反響を呼ぶ。
河野 智聖 (コウノ チセイ)
河野智聖(こうのちせい)空手・中国拳法、操体法、野口整体を学び、相手と和する、歳とともに熟練する、身を整える武術として「心道」を創始する。武術と整体を中心とした団体「自由人(ミュート)ネットワーク」を発足。独自の身体理論「動体学」を提案し、ワコールの柔流など商品開発に関わる。東日本大震災ではミュート救援隊をつくり整体ボランティアを行う。著書:『日本人力』(BABジャパン)、『生命力を高める身体操作術』(経済界)、『健康になる整体武術』(筑摩書房)など。
藤本 靖 (フジモト ヤスシ)
米国Rolf Institute認定ロルファー™ ソマティック・エクスペリエンス認定プラクティショナー。大学院(東京大学大学院身体教育学研究室)で、ヒトの脳のシステム、心と身体の関係について科学的な研究を行う。また古今東西の様々な身体訓練法を経験し、ロルフィングのシステムのなかで理論と実践を融合させ、独自の身体論を展開している。著作に、「感じる力をとり戻し ココロとカラダをシュッとさせる方法」(マガジンハウス)、「1日1分であらゆる疲れがとれる『耳ひっぱり』」(飛鳥新社)、「『疲れないからだ』をいっきに手にいれる本」(講談社+α文庫)など多数。http://www.all-blue.com/
小室 弘毅 (コムロ ヒロキ)
関西大学人間健康学部准教授。東京大学大学院教育学研究科で「教養=自己形成」についての研究をスタートさせる。野生のイルカとの交流を通して身体と呼吸の重要性に気づき、ヨーガへと導かれていく。以降からだとこころの関係から人間形成の問題を探求している。近年はボディーワークや身体志向の心理療法、マインドフルネス研究へと対象領域を広げ、教育における身心のあり方を探求している。

履歴