英語で国立西洋美術館の名画ガイド| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

2月のみ 【新設】英語で国立西洋美術館の名画ガイド

講師名 西洋美術史家 宮本 由紀
講座内容
上野の国立西洋美術館の常設展エリアはルネサンスから印象派、そして近代の絵画まで名画のコレクションが充実しております。その中で重要な作品を何点かピックアップし、それを英語で解説いたします。絵画に関する英語表現だけでなく、ガイドをする際に使える語彙やフレーズも学びます。
 来日された海外からのお客様を西洋美術館へお連れしたい方や、海外での美術館めぐりをより楽しみたいという方、さらには海外の美術館でボランティア・ガイドとして活動したいという夢を持っていらっしゃる方も大歓迎です。(講師・記)

【テーマ】
・国立西洋美術館常設コレクション(その1)ルネサンス~19世紀画より数点。
*解説は英語中心で進めます。(スライドと資料は英語・日本語表示)
*プリント教材を配付します。
日時・期間 水曜 11:45-13:15 02/14~02/14 1回
日程 2018年 2/14
受講料(税込み)
2月~2月(1回)
会員 3,780円
一般 4,428円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 ・毎回、オリジナル資料をお教室で配付します。コピー代を頂く場合がございます。(カラーは1枚につき50円です。)
(※恐れ入りますが、現金払いのみで承ります)
講師紹介 宮本 由紀 (ミヤモト ユキ)
1967年香川県生まれ。サンフランシスコに育つ。米国ヒューストン大学美術史学科卒業。のちセント・トーマス大学大学院人文学部美術史科卒業、修士号(MLA in Art History)を取得。ヒューストン美術館ヨーロッパ絵画部門にてインターシップを経て、同美術館リサーチライブラリーに勤務。その後、19世紀ヨーロッパ絵画 専門ギャラリーにて勤務。帰国後、Art Alliance「英語を使ってアートを学ぼう!」を立ち上げる。専門は、西洋美術史。現在、Art Alliance代表、英語でアート講師として「英語で学ぶ西洋美術史」や「アーティストのための英会話」講座などを主宰している。

履歴