上方落語はこう聞く| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

桂吉坊流 【新設】上方落語はこう聞く

講師名 落語家 桂 吉坊
講座内容
端正な語り口と愛嬌たっぷりの芸風で知られる、上方落語の若手ホープ、桂吉坊さん。師匠の吉朝、そして大師匠の米朝から受け継いだ古典落語を忠実に丁寧に演じ、着実にファンを増やしています。
上方落語は江戸の落語とどう違うのか?小道具などの形式的な違いから、東西での笑いの好みについてまで、江戸の落語とは一味違う、上方落語の魅力について、噺家ならではの視点で解説します。口演もお楽しみに!
日時・期間 水曜 13:00-14:30 05/10~05/10 1回
日程 2017年 5/10
受講料(税込み)
5月~5月(1回)
会員 3,564円
一般 4,212円
教材費
設備維持費
注意事項 ※お席は自由席です。当日は新宿住友ビル10階に教室のご案内を掲示します。整理券などの配布はありません。開場は15~20分前を予定しております。(準備のため前後する場合があります。ご了承ください。)
講師紹介 桂 吉坊 (カツラ キチボウ)
1981年(昭和56年)年8月27日、兵庫県西宮市生まれ。1999年(平成11年)年1月10日に、桂吉朝に入門。同年3月14日に「岡町落語ランド」において「東の旅〜煮売屋」で初舞台。2000年(平成12年)年4月から桂米朝のもとで内弟子修業。2003年(平成15)年4月に内弟子を卒業。
以後、古典落語を中心に舞台を重ねる。
2007年(平成19年)にはG2プロデュースの舞台「地獄八景 浮世百景」で役者としてもデビュー。2008年(平成20年)公開の映画「能登の花ヨメ」では謎の旅人として映画デビュー。2011年(平成23年)咲くやこの花賞大衆芸能部門受賞。

履歴