名越式実践心理学-人生を変えるソロタイム活用法| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

出版記念講座 【新設】名越式実践心理学-人生を変えるソロタイム活用法

講師名 精神科医 名越 康文
講座内容
私たちは日々、友人や恋人、家族や同僚との人間関係を維持するために膨大なエネルギーを費やしています。良好な関係を保つことは、幸せな人生をおくるうえでかけがえのないものなのに、それだけで心が満たされることはありません。
 精神科医の名越康文さんがおすすめするソロタイムとは、日ごろの人間関係からいったん手を離し、静かで落ち着いた「ひとりぼっちの時間」のこと。何かしらの「群れ」に属し、「群れ」のなかで過ごすことで生まれたストレスから解放され、群れへの依存心を捨てるためには、どうしたらよいのでしょうか。納得のいく人生を送るために必要な新時代のライフスタイル、ソロタイムの活かし方を提案します。



☆当日は、『ソロタイム「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)を、販売いたします。(サイン会あり。)
日時・期間 火曜 19:00-20:30 08/01~08/01 1回
日程 2017年 8/1
受講料(税込み)
8月~8月(1回)
会員 3,024円
一般 3,672円
教材費
設備維持費
注意事項 ・当日は受講券をお持ちください。
・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 名越 康文 (ナコシ ヤスフミ)
1960年奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業。大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。主な著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川新書)、『自分を支える心の技法』(医学書院)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書)、『「男はつらいよ」の幸福論 寅さんが僕らに教えてくれたこと』(日経BP社)などがある。近刊に『SOLO TIME(ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略』(夜間飛行)、『「他人」の壁 唯脳論�仏教心理学が教える「気づき」の本質』(養老毅氏と共著、SB新書)。

履歴