現代現象学入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】現代現象学入門 基本思想から最先端の展開まで

講師名 高千穂大学教授 齋藤 元紀
講座内容
20世紀初頭にフッサールによって創始された現象学は、以後さまざまな思想的発展を遂げ、哲学のみならず、諸学問分野に今なお甚大な影響を与え続けています。これほどの大きな影響を生み出した現象学とは、いかなる思想なのでしょうか。多様に分岐した現象学運動は、21世紀を迎えた現代においてどのような展開を遂げているのでしょうか。この講座では、現代を生きる私たちの具体的な経験の場面に即して、多様な現象学的思考の体得を目指します。心理学、認知科学、歴史学、政治学等諸学問分野との関係についても、随時触れていきます。 (講師・記)
                                         
1 1月30日 フッサール:現象学の誕生と現象学運動の展開
2 2月 6日 ハイデガー:解釈学的存在論としての現象学
3 2月27日 メルロ=ポンティとサルトル:身体と想像力の現象学
4 3月20日 レヴィナスとデリダ:他者と脱構築の現象学
5 3月27日 現代現象学の最先端
日時・期間 水曜 19:00-20:30 01/30~03/27 5回
日程 2019年 1/30
受講料(税込み)
1月~3月(5回)
会員 16,200円
一般 19,440円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 齋藤 元紀 (サイトウ モトキ)
1968年生まれ。法政大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、高千穂大学人間科学部教授。専門は、解釈学・哲学。主な著書に、『存在の解釈学』(法政大学出版局、2012年)、『ハイデガー読本』(共著、法政大学出版局、2014年)ほか。

履歴