「アルジャーノンに花束を」の翻訳者が語る| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】「アルジャーノンに花束を」の翻訳者が語る その半生と翻訳の魅力

講師名 翻訳家 小尾 芙佐
講座内容
翻訳家として、ミステリ・SFをはじめとして古典の翻訳にも取り組みほどなく60年。読書好きの少女時代から出版社勤務を経て翻訳家となり、当時は珍しかった「働く母」となったこと、さらに『アルジャーノンに花束を』をはじめとする様々な作品との出会い。実例も交えながら「翻訳」という仕事の裏側を楽しんでいただければと思います。(講師記) 
※本講座は司会・進行役(長女)が同席します。
日時・期間 土曜 10:15-12:15 09/08~09/08 1回
日程 2018年 9/8
受講料(税込み)
9月~9月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 小尾 芙佐 (オビ フサ)
1932年生まれ。津田塾大学英文科卒。 翻訳家。訳書に『闇の左手』(ル・グィン)、『われはロボット』(アシモフ)、『アルジャーノンに花束を』(キイス)、『IT』(キング)、『消えた少年たち』(カード)、『くらやみの速さはどれくらい』(ムーン)、『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(ハッドン) 、 『ジェイン・エア』(C・ブロンテ)、『高慢と偏見』(オースティン)、『書店主フィクリーのものがたり』(ゼヴィン)ほか多数。

履歴