動的感覚への扉を開く| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

動的感覚への扉を開く 整体法とロルフィング(R)の観点から

講師名 気響会整体道場主宰 片山 洋次郎
米国Rolf Institute認定ロルファーTM 田畑 浩良
企画・進行役:米国Rolf Institute認定ロルファーTM 藤本 靖
講座内容
「動的感覚への扉を開く」第9弾です。
身体を整えるためには様々な方法が存在しますが、身体が意味のある変化を起こす時、技法の枠を超えて,何か共通する感覚があるはずです。

整体とロルフィング(R)という東西2つの異なる身体技法をベースにしている二人の講師は、「動的な感覚」を共有しています。 この「動的な感覚」とは、身体を矯正しようとする意識とは別にある、身体全体の動きや流れを大切にする感覚です。身体への実際の働きかけをデモンストレーションしたり、対話を通して、参加者の方々と一緒に「動的な感覚」を共有し、身体への興味や見方を広げたいと思います。
また、参加される方どうしペアを組んで行う実習において、楽な呼吸ができる身体と心地のいい感覚を取り戻す体験を楽しんで頂ければと思います。

最後は座談会を行い、お2人の思想により深く切り込む時間をお楽しみください。
初めての参加でも大丈夫です。
日時・期間 木曜 14:00-17:30 06/29~06/29 1回
日程 2017年 6/29
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 5,292円
一般 5,940円
教材費
設備維持費
注意事項 〇健康教室前の更衣室をご利用いただき、靴は各ロッカーにお入れください。ロッカーは施錠できます、鍵の紛失にご注意ください。女性用更衣室は百円玉が必要な場合もありますので、ご用意ください。
※キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
ご案内 〇上履きは不要、素足か靴下。動きやすい服装でご参加下さい。(スカート不可)ベルトが必要な服はお勧めしません。
講師紹介 片山 洋次郎 (カタヤマ ヨウジロウ)
1950年川崎市生まれ。東京大学教養学部中退。現在、気響会整体道場を主宰。20歳代半ば、自身の腰痛をきっかけに〈整体〉に出会う。その後「野口整体」の思想に触発されながら独自の整体法の技術を創り上げる。21世紀を、身体がものを言う時代ととらえ、身体の現場から、「身も心もチョッと楽になる方法」を提言している。著書に『気と身体』(日本エディタースクール出版部)、『整体 楽になる技術』(ちくま新書)、『骨盤にきく』『身体にきく』(文藝春秋)、『自分にやさしくする整体』(筑摩書房)などがある。
田畑 浩良 (タハタ ヒロヨシ)
1963年那須塩原市生まれ。(株)林原生物化学研究所の研究員を経て,現在,米国Rolf Institute認定アドバンス・ロルファー™。ロルフィング�の根本方針を踏まえた上で,直接的で強い圧力を用いる古典的ロルフィングとは異なる,繊細なタッチを用いて受け手の自発的な変化を促す繊細なワークを探求。 ロルフィング講師のCarol Agneessensと共に,独自のイールドワークを発展させる。2009年よりRolf InstituteのMovement部門の教員として、後進の指導にあたる。
藤本 靖 (フジモト ヤスシ)
米国Rolf Institute認定ロルファー™ ソマティック・エクスペリエンス認定プラクティショナー。大学院(東京大学大学院身体教育学研究室)で、ヒトの脳のシステム、心と身体の関係について科学的な研究を行う。また古今東西の様々な身体訓練法を経験し、ロルフィングのシステムのなかで理論と実践を融合させ、独自の身体論を展開している。著作に、「感じる力をとり戻し ココロとカラダをシュッとさせる方法」(マガジンハウス)、「1日1分であらゆる疲れがとれる『耳ひっぱり』」(飛鳥新社)、「『疲れないからだ』をいっきに手にいれる本」(講談社+α文庫)など多数。http://www.all-blue.com/

履歴