絵手紙 木曜 浅田クラス| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

絵手紙 木曜 浅田クラス

講師名 日本絵手紙協会会員 浅田 美知子
講座内容
手紙をかいていると、その人が浮かんできます。その人を思いうかべながら、絵入りの手紙をかいてみませんか。きっと喜んでもらえます。花や果物や風景をハガキや巻紙、扇面などにかきます。
「ヘタでいい。ヘタがいい。」 どんなに形が実物と違っていても、心のこもったものを送ってみませんか。

日時・期間 木曜 13:00-15:00 04/13~09/14 6回
日程 2017年 4/13
受講料(税込み)
4月~9月(6回)
会員 25,272円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に トライアル可 見学可
ご案内 教材:初日に販売します。筆(中筆)如水¥5040、顔彩(18色)¥2,520 青墨(青苔)¥4,200、隈取¥610、画仙紙ハガキ¥3,150など。
新規でお申込みの方には、教材コーナーでカリキュラムをお渡しします。
講師紹介 浅田 美知子 (アサダ ミチコ)
1948年東京港区で生まれる。1970年鶴見女子大学(現在の鶴見大学)英米文学科卒業。1970~1973外資系企業勤務。1983年~1993神奈川県立高等学校非常勤講師。1992~2007年鶴見大学文学部・短期大学部同窓会事務局勤務。1993年絵手紙を始める。日本絵手紙協会公認講師、絵手紙いずみの会会員。2004年筋ジストロフィーの詩人鈴木信夫さんの詩を絵手紙にかいたものが絵はがきとなる。2007年鈴木信夫さん詩集『生命いっぱい』(神奈川新聞社出版)の表紙、挿絵を描く。2008年鈴木信夫さんと絵手紙交流を始める。2009年第1回浅田美智子の絵手紙交流展「絵手紙と詩手紙行ったり来たり」開催。著書(共著)に「絵手紙詩手紙 風のように花のように」(日貿出版社)がある。

履歴