高木貞治『解析概論』による微積分入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

高木貞治『解析概論』による微積分入門

講師名 学習院大学名誉教授 飯高 茂
東京海洋大学名誉教授 中村 滋
講座内容
理系では高校から大学初年級にかけて微積分を学びますが、時間不足のため学生の理解不足がわかりながら先を急ぎ講義を終わらせてしまいがちです。
本講座では時間をかけて十分説明をし、格調の高さで定評のある高木貞治著『解析概論』(3章まで)をテキストに微積分の真髄を理解してもらうという野心的な試みです。微積分をこれから学ぶ人はもとより,微積を学んだが、実はよく判らなかったという思いを残している方も対象に本当に理解できる微積分入門の講義にしたいと考えています。

1 10月14日 導関数、微分の方法(飯高)
2 10月28日 合成関数・逆関数の微分(飯高)
3 11月11日 指数・対数関数、導関数の性質(中村)
4 11月25日 高階微分法、凸関数(中村)
5 12月 9日 偏微分、全微分(中村)

【テキスト】必要に応じて教室で資料をお渡しします。
(参考:高木貞治『解析概論』は、岩波書店から出版されています。)
日時・期間 土曜 18:00-20:00 10/14~12/09 5回
日程 2017年 10/14
受講料(税込み)
10月~12月(5回)
会員 15,120円
一般 18,360円
教材費
設備維持費
注意事項 教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。

ご案内 <テキスト>
必要に応じて、教室で資料をお渡しします。

講師紹介 飯高 茂 (イイタカ シゲル)
1942年千葉県生まれ。学習院大学理学部数学科教授を経て、学習院大学名誉教授。「代数幾何学」のリーダーとして世界的に知られる数学者。日本数学会彌永賞、日本学士院賞を受賞、また、元日本数学会理事長(会長)、日本数学教育学会理事など多くの役職を歴任。主な著書は、『群論、これはおもしろい』『環論、これはおもしろい』『体論、これはおもしろい』(共立出版)『パソコンで開く数の不思議世界』(岩波書店)他。

中村 滋 (ナカムラ シゲル)
1943 年,戦時下の埼玉県に生まれ東京都で育つ。1967 年,東京大学大学院理学系研究科修士課程修了。以来46年間,東京商船大学(現東京海洋大学)と学習院大学で数学を教える。東京海洋大学名誉教授。日本フィボナッチ協会副代表。著書は『フィボナッチ数の小宇宙』(日本評論社)、『微分積分学21講』(東京図書)、『数学の花束』(岩波書店)、『円錐曲線』(共立出版)、『円周率』(共立出版)、『数学史』(室井和男との共著、共立出版)、『数学史の小窓』(日本評論社)。

履歴