ウニの生態とウニのランプ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ウニの生態とウニのランプ

講師名 KOKOPELLI+代表 寺田 浩之
講座内容
イメージ画像
棘に包まれた姿を容易に想像できる程、私たちにとって馴染みのある存在であるウニ。ウニについて知ろうとすると、体の構造が特異であることが分かり、非常に謎の多い生物ということに気付かされます。
今回は、ウニやその仲間である棘皮動物の生態を観察し、どのような生物なのか学んでいきます。その後、ウニの殻を使用して、自然で優しい色合いを活かした小さなランプを作ります。部屋の中に浮かび上がる、美しいウニの模様を楽しみましょう。
日時・期間 日曜 13:30-15:30 03/12~03/12 1回
日程 2017年 3/12
受講料(税込み)
3月~3月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
お申込みの前に ※教材準備のため、お早めにお申込みください。
ご案内 <各自ご用意ください>
エプロン、作品持ち帰り用の袋、教材費3,900円程度
※教材費は、お教室内で講師にお支払いください。恐れ入りますが、現金のみで承ります。
講師紹介 寺田 浩之 (テラダ ヒロユキ)
東京都江東区生まれ。大学では環境生態学を専攻。研究テーマは希少魚類の調査と生息地保全管理。自然環境調査会社、理科実験教室講師、自然公園指定管理者NPO職員を経て独立し、KOKOPELLI+(ココペリプラス)を設立。 「自然を近くに感じられる人の暮らしの実践」をテーマに、自然体験や環境学習やワークショップ、調査などを企画・実施。魚を中心とした水生生物を得意とし、都市の自然がメインフィールド。遠出するのではなく、あくまでも生活に近い場での自然体験を提案している。隅田川流域クリーンキャンペーン実行委員。リバーフェスタ江東 実行委員。水辺総研 客員研究員。

履歴