ネルケ無方の坐禅のすすめ| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】ネルケ無方の坐禅のすすめ

講師名 安泰寺堂頭 ネルケ 無方
講座内容
今、多くの人に欠けているのは、人生のバックボーンだ。現代人が「心」以前に忘れてしまったもの、それは「カラダ」への気づきではないだろうか。坐禅の形を発見してみませんか。安定した姿勢で坐り、自然に呼吸し、心を手放していこう。静かな時間が流れる中で、「私が坐る」のではなく、「ただただ、坐らせていただく」。さらに「経行(きんひん)」という「歩く禅」を実践する。小難しい仏教用語の解釈をせずに、肩の力を抜いてから、自分自身を手放すという坐禅の肝心要へと導いていく。(講師・記)
※椅子での参加も可能です。申し込みの際にお申し出ください。
日時・期間 土曜 17:00-18:30 04/07~04/07 1回
日程 2018年 4/7
受講料(税込み)
4月~4月(1回)
会員 3,240円
一般 3,888円
教材費
設備維持費
注意事項
講師紹介 ネルケ 無方 (ネルケ ムホウ)
1968年3月1日、旧西ドイツ・ベルリン生まれ。7才の時、母と死別してから人生に悩む。16才で坐禅と出合う。高校時代から禅僧になる夢を抱いて、坐禅道場に通い続ける。1990年、春は京都大学の留学生として来日、秋から兵庫県の但馬地方にある曹洞宗・安泰寺に上山。半年間の禅修行。大学のドクターコースを中退、1993年から安泰寺で出家得度。8年間の雲水生活を経て嗣法。2001年から大阪城公園で「ホームレス雲水」として毎朝の坐禅会を開く。2002年に師匠の訃報を聞き安泰寺に戻り、檀家ゼロ、自給自足の寺の堂頭(住職)となる。国内外からの参禅者・雲水の指導にあたって坐禅三昧の生活を送っている。主な著書『迷える者の禅修行』、『裸の坊様』、『日本人に「宗教」は要らない』、『曲げないドイツ人 決めない日本人』、『今日を死ぬことで、明日を生きる』など多数。
安泰寺ホームページ:antaiji.org

履歴