西田哲学入門| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

西田哲学入門 芸術論と宗教論

講師名 日本女子大学教授 田中 久文
講座内容
これまでのシリーズで、西田哲学の完成までを追いかけてきた。晩年の西田は、そのよ
うにして完成した自分の哲学を芸術論と宗教論に応用している。
 1回目は西田の芸術哲学を考える、西田は芸術というものを出来上がった作品ではなく、作る過程に注目して考えている。
 2回目は西田の宗教哲学を考える。西田は神というものを人間と対立しつつも人間を包み込むものとし、「逆対応」という独自の概念を出してくる。
 芸術論にも宗教論にも、最晩年の西田の思索が鮮やかに示されている。
 初心者の方も大歓迎です。

1月11日 第1回   西田の芸術哲学-ポイエシスとしての芸術-
3月1日  第2回   西田の宗教哲学-神と人間との「逆対応」-
日時・期間 金曜 10:30-12:00 01/11~03/01 2回
日程 2019年 1/11
受講料(税込み)
1月~3月(2回)
会員 6,480円
一般 7,776円
教材費
設備維持費
注意事項 ・教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
ご案内 教室でプリントを配布します。
講師紹介 田中 久文 (タナカ キュウブン)
1952年生まれ。76年東京大学文学部倫理学科卒業、83年同大学人文科学研究科倫理学専攻博士課程修了。早稲田大学講師。NHKラジオ講座「倫理」講師。専攻は倫理学、日本思想史。1993年第1回中村元賞受賞。著書に『九鬼周造』(ぺりかん社)、『日本の「哲学」を読み解く』(ちくま新書)、『丸山眞男をよみなおす』(講談社選書メチエ)、『日本美を哲学する あはれ・幽玄・さび・いき』(青土社)、編著に『甦る和辻哲郎』(ナカニシヤ出版)『九鬼周造エッセンス』(こぶし書房)など。

履歴