バッハ、ヘンデル、スカルラッティ生誕333周年に歌う| 新宿教室 | 朝日カルチャーセンター
教養、音楽、茶道華道、語学、旅行まで。喜びをつなぐ朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾

03-3344-1941

10:30~18:30  *日曜・一部祝日を除く

【新設】バッハ、ヘンデル、スカルラッティ生誕333周年に歌う

講師名 声楽家 彌勒 忠史
講座内容
2018年の本年は、西洋音楽史にその名を燦然と輝かせる3人の音楽家、J.S.バッハ、G.F.ヘンデル、そしてD.スカルラッティの生誕333周年です。3人とも後期バロック音楽を代表する作曲家ですが、それぞれ宗教曲、オペラ、そして鍵盤音楽に代表される器楽曲などと、活躍した分野は大きく違います。本レクチャー・コンサートでは、音源の鑑賞、講師のライヴ演奏なども交え、彼らの作品の魅力を探ります。(講師・記)
日時・期間 土曜 13:00-14:30 06/16~06/16 1回
日程 2018年 6/16
受講料(税込み)
6月~6月(1回)
会員 3,888円
一般 4,536円
教材費
設備維持費
注意事項 ※教室は変わる場合があります。10階と11階の変更もあります。当日の案内表示をご確認ください。
講師紹介 彌勒 忠史 (ミロク タダシ)
千葉大学卒業、同学大学院修了。東京藝術大学声楽科卒業。平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣新人賞(音楽部門)をカウンターテナーとして史上初めて受賞。国内外のオペラ・コンサートや「題名のない音楽会」などのテレビ・ラジオ番組に出演。CDに『No early music, No life?』など、著作に『イタリア貴族養成講座』(集英社)などがある。NHK「テレビでイタリア語」テキスト、『ぶらあぼ』『教育音楽』などに記事を連載中。 イタリア国立G.フレスコバルディ音楽院講師、東京藝術大学音楽学部声楽科教育研究助手を経て、現在、放送大学、学習院生涯学習センター非常勤講師。在日本フェッラーラ・ルネサンス文化大使。日本演奏連盟、二期会会員。男声ユニット「La Dill」リーダー。日本音楽コンクール、東京音楽コンクール等の審査員。

履歴